bit

異例の大ヒット! ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』監督に話を聞いてみた (前編)

       
主人公はアンワル。現在は、9.30事件の"英雄"として北スマトラの都市で権力者として悠々自適の生活を送っている彼は好々爺然とした風体とは裏腹に、1000人規模の"共産主義者"や中国人たちを殺めた過去を持つ。

「当初は特定の主人公のいる映画にするつもりはなく、アンワルの前にも40人の加害者を取材していました。彼も他の人同様、当時の殺戮の様子を現場で嬉々として語っていました」

インタビューに応じてくれたオッペンハイマー監督は語ってくれた。

大のハリウッド映画ファンのアンワルは、その様子の映像化を提案すると、悪びれず色々な演出を考えるというはしゃぎようだった。地元で恐れられているギャングが殺人というオドロオドロしい内容を再現しようとしているにも関わらず、どこかマヌケでユーモラスな印象さえ与える。

「しかし他の人たちと違って、彼は心の底の苦痛を隠そうとしませんでした」

そこで監督は賭けに出た。

「再現を撮影した映像をすぐにアンワルに見せたのです。他のどの加害者にも見せたことはありませんでした」

というのも、それはかなりの危険を伴う行為だったからだ。自分が人を殺している映像を見させられ不快に思い、制作の意図を悟られ警察に通報されたら一巻の終わりだ。

「フィルムを見せる際、プロダクションマネージャーを空港に待機させ、無事を知らせるテキストメッセージが届かなかったらチケットを買って、すぐに全員が国外に逃げ出せるよう手配していました」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月29日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。