bit

伝説のアジアン・ビューティー、山口小夜子の魅力に迫る

猫科の動物を思わせる切れ長の瞳、日本人形のようなおかっぱの黒髪――。アジア人初のパリコレモデルとして、世界の第一線で活躍していた山口小夜子
たとえファッションや海外事情に明るくなくても、70年代の資生堂のCMなどでの艶めかしい姿を記憶している人は多いのではないだろうか。
伝説のアジアン・ビューティー、山口小夜子の魅力に迫る
会場では多数の写真などのアーカイブのほか、著名デザイナーたちが山口小夜子のためにデザインした作品なども展示。
ー「三宅一生『馬の手綱』を着た小夜子」 撮影:横須賀功光 1975年ー

ハーフモデルなど欧米人風のビジュアルがもてはやされていた70年代、日本女性ならではの美しさを国内外に知らしめたのが彼女だった。
モデルや女優、デザイナーとして長きに渡り活躍したのち、ファッションだけでなく音楽や映像、演劇、朗読、ダンスなどを組み合わせたパフォーマンスにも力を注いでいたが、2007年に残念ながら急逝。東京都現代美術館で6月28日まで開催中の『山口小夜子 未来を着る人』展はそんな彼女の軌跡を紹介する展覧会なのだが、モデル自身をテーマにしたアート展というのはかなり珍しいケースではないだろうか。
伝説のアジアン・ビューティー、山口小夜子の魅力に迫る
“日本の美”などをテーマにした、数々の資生堂のCMでのビジュアルは鮮烈な印象を残した。
ー「資生堂 舞」 ポスター 撮影:横須賀功光 AD:中村誠 1978年ー

会場では専属モデルを務めていた資生堂のアーカイヴなどからの写真や資料を公開するほか、著名デザイナーたちが彼女のためにデザインした作品などを、彼女のスタイルをモチーフにした“小夜子マネキン”を使って展示。また晩年に展開していた、音楽や映像、ファッションなどを組み合わせた総合芸術的なパフォーマンスを高画質映像で蘇らせるという試みも。

こういった、いわゆる回顧展的な展示のほかに注目したいのが、映像作家の宇川直宏ら、彼女とのコラボレーションを経験しているアーティストたちが“山口小夜子に捧げる新作インスタレーション”を発表していること。さらに、彼女の急逝直前に新聞紙上で往復書簡を掲載予定だったという現代芸術家の森村泰昌も加わって新作を発表しているが、セルフポートレートの手法を使った作品で世界的に知られる森村が一体どんな作品を作り上げたのかも、本展の大きな見どころの一つと言えるだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク