近頃、Mr.Childrenの名曲『抱きしめたい』の盗作問題がお茶の間を賑わしている。平浩二の『ぬくもり』がその問題となった曲なのだが、確かに聴いてみるとほとんど詞が同じで言い訳のしようがないレベル。
そのため、『ぬくもり』も商品回収が決まったのだが、この曲の作詞を担当した沢久美は「私は60歳を超えていて、ミスチルもよく知らないし、『抱きしめたい』はまったく知らない」と盗作を否定している。

いくら60歳を過ぎているからといって、音楽関係者にもかかわらずMr.Childrenを知らないということはありえるだろうか。しかし、本人が知らないというのなら仕方がない。
今回は沢氏に教えるという意味でも、『抱きしめたい』のようなMr.Childrenブレイク前のラブソングを紹介していこう。

『君がいた夏』


この曲は1stシングルであり、ファンなら誰しも知っている曲。リリース直後にFM802のヘビーローテーション曲に選ばれるなど、一部の音楽関係者の目に早くも留まった。ここにもMr.Childrenの音楽的な才能が伺える。
曲は夏の甘酸っぱい思いを歌っているのだが、《キリンぐらい首を 長くしてずっと待っていた》や《おもちゃの時計の針を戻しても何も変わらない》など今では考えられないほど可愛らしい歌詞が随所に見られる。
ちなみに、『君がいた夏』というタイトルだが、レコーディングは冬に行ったという。

『君の事以外は何も考えられない』