90s

「明日から何を食べれば…」俺たちの牛丼が終わった日

「明日から何を食べれば…」俺たちの牛丼が終わった日
先日、吉野家の豚丼が4年半ぶりに復活となった。
このニュースには「待ってました!」「牛丼より食べたいかも」など歓迎の声が多く寄せられたのだが、そもそもこの豚丼、牛丼が食べられなくなってしまったための代替メニューとして登場したのをご記憶だろうか?
そう、あのBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題による牛丼終了騒ぎである。

牛丼終了の“Xデー”は2月11日!


2004年2月9日、吉野家が“牛丼最後の日”を翌々日の11日と発表した。BSE問題により'03年末から米国産牛肉の輸入が停止しており、牛肉在庫がついに底を突いたためだ。
この当時の牛丼は並盛280円。まさに安くて、うまい、庶民の味方だった。
店舗ごとに食材が切れ次第の販売終了であることも発表されたため、翌10日には多くの人々が“最後の牛丼”を求めて吉野家に殺到している。

最後の牛丼を求め、サラリーマンが大行列


当時の新聞報道によると、最大規模の売上を誇る有楽町店には早朝からサラリーマンが次々と入店し、午前8時ごろには63席がほぼ満席状態。正午過ぎの昼休みの時間帯に混雑はピークとなり、店外には一時100人近くが並んだそうだ。通行人の中には行列を記念撮影する人も。SNSが花盛りの今だったら、とんでもないお祭り騒ぎになりそうである。
オフィス街にある浜松町店には、午前11時過ぎからサラリーマンが続々と詰めかけ、42席が満席となり、同店では珍しい行列もできたそう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。