90s

今年は新曲も! ファン悲嘆のLUNA SEA「終幕宣言」を振り返る

2016年6月22日、日本を代表するロックバンド「LUNA SEA」がニューシングル「Limit」をリリースする。同楽曲は、アニメ『エンドライド』(日本テレビ系)の主題歌として、その世界観をイメージして書きおろされたナンバーだ。音源として彼らの新曲が発売されるのは約2年半ぶりということもあり、ファン待望の一曲となるだろう。

1990年代から日本のバンドシーンを牽引し、今年の年末には、さいたまスーパーアリーナでのライブを予定するなど現在も活発な動きを見せるLUNA SEAだが、過去に「終幕宣言」をしていたことをご存知だろうか?

LUNA SEAの始まりは1989年


LUNA SEAが現メンバーで結成されたのは1989年のこと。それぞれ同じ高校に通っていたSUGIZO(Gt.)と真矢(Dr.)、INORAN(Gt.)とJ(Ba.)、ここにボーカルのRYUICHIが加わり、LUNA SEAが誕生した。インディーズ時代は、“狂気”を意味する「LUNACY」という表記だったが、メジャーを意識しLUNA SEA(月と海)に改名したことはよく知られている。

その後、セカンド・アルバム『IMAGE』を引っさげ1992年にメジャーデビュー。1992年に『LUNA SEA CONCERT TOUR 1992 AFTER THE IMAGE』のツアーファイナルとして日比谷音楽堂でライブを行うなど、デビュー当時から桁違いの人気を誇っていた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク