90s

内田裕也の伝説的な政見放送とは? 放送事故にしか思えない衝撃!

内田裕也の伝説的な政見放送とは? 放送事故にしか思えない衝撃!
政治資金問題で連日集中砲火を浴びていた舛添都知事。
あれやこれやと過去もほじくり返され、芸能界のご意見番たちも独自の見解を述べることが目立つようになっていた。そんな“外野”に内田裕也もついに参戦。
舛添知事の姿勢を「ロックじゃない。言うだけで何もしないフォークソングだ」と独特の言い回しで表現した。

なんだか、フォークソングが悪いみたいになってしまっている気もするが、「ぺこぺこ頭を下げ逃げ切ろうとしているのは明らかで、選挙民をなめている」ともバッサリ。まぁ、確かにその通りであるし、内田裕也は批評をすべき立場にあると思う。なぜなら、過去に東京都知事を目指していたのだから。
頭を下げるどころか、頭を上げっぱなしのこびない政見放送をいやがおうにも思い出してしまうのである……。

アントニオ猪木の出馬断念を受け、内田裕也が都知事選に緊急出馬!


1991年の東京都知事選は、自民党東京都連が推す、4期目を目指す現職の鈴木俊一氏vs自民党本部が推す、元NHKの人気キャスターで新人の磯村尚徳氏の対決といった様相だった。
そこに割って入ったのが、抜群の知名度を誇るアントニオ猪木(スポーツ平和党)参議院議員。しかし、公示直前に出馬を断念する事態となってしまう。

これを受けて急遽立候補を決意したのが内田裕也。その行動力をリスペクトしていた猪木が立たないのなら、俺がやるしかない! との使命感がロックンロール魂に火を点けたのだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月17日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。