90s

インターネット黎明期を支えたブラウザ「ネットスケープ」とは?

       
56,000bps。何の数字かおわかりの方はインターネット使用歴20年以上のツワモノに違いない。
これは日本で初めてインターネットのサービスが開始された1993年頃の標準的なモデムの通信速度だ。今なら、モバイルでの通信速度は4G(LTE)の場合、理論値で下り150Mbps、上りが50Mbpsといったところか。地下など場所による電波の強弱に悩まされることはあるにせよ、これらの数値をいちいち気にすることすらなくなったが、20数年前の数字をこうして並べるとその進化は凄まじいと実感する。そんな黎明期のインターネット世界の扉を開いたのは世界初の本格ブラウザ、ネットスケープ・ナビゲーターだった。

パソコン戦国時代の幕開け


90年代前半の一般的なパソコン事情はというと、NECのPC9801シリーズが国内の市場を席巻。とある雑誌には“98幕府”と形容されるほどだった。そこに、IBMが提唱した国外産PCとの互換性が高いDOS/V規格が登場。東芝や富士通など国内の家電メーカーが相次いで参戦。98幕府の牙城を脅かしつつあった。

一方、当時の一般的なPC環境は、インテル製16ビットの8086系CPU搭載。フロッピーディスクドライブは5インチタイプから3.5インチタイプへの移行期にあり、ハードディスクは100MBもあれば大容量と呼ばれた。

IEとネスケが激しく拮抗


インターネットという言葉が日本で一般的に初めて認識されたのが、95年1月の阪神大震災だ。広い災害現場をカバーしきれないテレビや新聞の隙を突くように、細かい情報を即座にネットにアップし、短時間で多くの人に伝わるインターネットの仕組みは革命的と言えた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「インターネット黎明期を支えたブラウザ「ネットスケープ」とは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >IEとは無縁のMacユーザー向けに存在を維持するが IEはMac版もありました

    0
この記事にコメントする

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。