90s

クリスマスイブの恒例番組「明石家サンタ」が放送された経緯とは?

クリスマスイブの恒例番組「明石家サンタ」が放送された経緯とは?
クリスマスイブの恒例番組といえば、『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)だろう。明石家さんまと八木亜希子司会により、視聴者から不幸な話を募り、合格者にはスポンサーが提供する豪華賞品を大盤振る舞いする企画である。この番組の歴史はまさに90年代とともにあった。「明石屋サンタ」の始まりをふりかえってみよう。

「明石屋サンタ」の最初の放送は


「明石屋サンタ」が最初に放送されたのは、1990年の12月24日である。
当時の日本は空前のバブル景気に浮かれており、都心のホテルは一年前から予約をしなければ取れなかった。そのため、当日までに恋人と別れてしまった、といった悲惨な話も数多く存在した。「明石屋サンタ」はそんなリアルに“寂しい人・悲惨な人”に向けた番組であったのだろう。

当初この番組はクリスマスイブだけでなく、年に数回程度放送され、大晦日(元旦早朝)の深夜に放送されたこともある。その際、2人はサンタではなく七福神のコスプレをしており、番組タイトルも「明石家福禄寿の史上最大のプレゼントショー "正月なのに…"編」であった。
現在の放送日時に定着したのは1997年以降である。

「明石家サンタ」の“お約束”


長く続くにつれて、この番組にはさまざまな“お約束”が登場するようになる。毎年観ている視聴者に向けて、明石家さんまが得意とする“パターンの笑い”を振るのだ。電話を切られそうになった参加者が「八木さんファンです」と述べ、さんまが「どこが?」と返すと「別に」と退けるやりとりなどは王道だ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月29日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。