bit

雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密

軌道モーターカーのほかに、ディーゼル機関車運転も人気。気軽な「お試しコース」のほかに、本気の「運転士への道コース」もあり、重連走行(2両連結して走ること)や三重連走行にも挑戦できる。すでに15回通いつめて三重連運転士の証明書をゲットした人もいるそうだ。

冬場はディーゼル機関車の運転はできないが、ラッセル車(除雪用車両)の操作体験ができる。ラッセル車は夜中や早朝に動くため、「実際に動いているところを見たことがない」と操作体験に興味を持つ地元の人も多いそうだ。駅構内はまわりに遮るものがなく、羽(排雪板)を開いている姿がよく見えるのもいいらしい。

なお、各種運転体験はいつでもできるわけではなく、時期が限定されていたり、予約が必要だったりするので注意。詳細はホームページに載っている。


国登録有形文化財の車庫に保存されている車両はすべて動く


雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密
機関車庫

建物自体が国登録有形文化財になっている「機関車庫」も必見だ。車庫の中にある車両は、すべて小坂鉄道で実際に使われていたもの。しかも「動態保存」といって、実際に動かせる状態で保存されている。各種運転体験に使われるのもここにある車両だ。

建物の中にあると屋外にあるより大きく感じられるうえ、一般的な駅のホームより一段下の目線から見上げるので、より迫力がある。
雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密
ディーゼル機関車

さらに、機関車の運転席に入れるのもポイント。席に座り、ひじかけに腕をのせて窓をのぞきこむと、高さもあって気持ちがよく、運転手気分にどっぷり浸れる。過去には運転席に3時間座っていた人もいたという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク