90s

ZARD・坂井泉水の衝撃的な死 事故か自殺か、当時の警察も捜査

ZARD・坂井泉水の衝撃的な死 事故か自殺か、当時の警察も捜査
※写真はイメージです

今年の5月27日で10回目の命日を迎えたZARDのボーカル・坂井泉水さん。

亡くなってから10年が経つが、いまだに彼女の歌声は多くの人の心に残っている。
また、その死はあまりに突然だったこともあったこともあり、様々な憶測を呼んだ。

ヒット曲を連発したZARD


坂井さんはZARDとして、1991年にデビュー。その後、ヒット曲を連発し、『負けないで』『揺れる想い』『マイ フレンド』など9作でミリオンヒットを記録している。
また、テレビなどのメディアに出演することがほとんどなく、そのミステリアスさも注目を集めた。

一見すると順調な音楽生活であったが、2000年以降、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症と次々に病気を患っていた。
2000年には、自身の曲「Get U're Dream」がNHKのシドニーオリンピック放送時のテーマ曲になったため、「NHK紅白歌合戦に出場か?」と取り沙汰された際も、「体調がすぐれないため」と辞退している。

衝撃的だった坂井泉水の死


そして2006年6月、子宮頸ガンが発覚し、手術を受けて全摘出していた。その後回復に向かったが、翌07年の4月に肺に転移していることが見つかったことから、入退院を繰り返していたようだ。

そして悲劇は入院中に起きてしまう。
2007年5月26日、入院していた東京・信濃町の慶応大学病院の非常階段付近で大量の血を流して倒れているのが見つかった。発見後、すぐに院内の救急病棟に運ばれたが、翌日の午後に脳挫傷のために死亡した。
スロープ状になっている高さ約3メートルの地点から転落。後頭部を強打したことによる脳挫傷が直接の死因となった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク