smadan

数字ではなく「人間力」で給料が決まる 「gCストーリー」の独特な評価制度

働き方改革が話題になり、人と仕事との関わり方が見直されている中、企業はそれぞれに試行錯誤をしながら、新しい時代の働き方を様々な方法で模索しています。そこで今回は、売り上げなどの数字ではなく、人間力の評価で給料が決まるという独特の評価制度を持つ、gCストーリー株式会社に伺い、執行役員の安部孝之さんにお話を聞いてきました。

数字ではなく「人間力」で給料が決まる 「gCストーリー」の独特な評価制度


『貢献の広さと深さ』で評価が決まる評価制度


――どんな事業をやっている会社ですか?

「事業としては大きく3つあります。ひとつは全国の施工職人ネットワークを活用し、独自のプロジェクトマネジメント手法で大手のチェーン本部様やメーカー様、販促系代理店様向けにビジネスを行う施工事業。ふたつ目は介護事業で、介護に携わる家族向けのWEBポータル『mamoria』を運営している他、デイサービス形態の介護事業所をひとつ運営しています。3つ目は、企業向けに食を中心とした健康経営をサポートしているヘルスサポート事業があります」

――数字ではないもので評価が決まる、独特の評価制度があると伺いました。

「360度全人格多面評価という制度です。360度多面評価をベースとしていますので、役職や仕事上の関係性を問わず、数人が自分のことを評価します。その際の評価基準が、例えば売り上げや営業成績のように定量化できる数値ではなく、『貢献の広さと深さ』と我々は呼んでいるんですが、そのひとがいかに自分自身の人間力を伸ばしたかだけで評価する、という評価制度です」

――「貢献の広さと深さ」とはどういうことでしょう?

「gCストーリーという社名の『gC』は『growth for Contribution』の略で、貢献のために成長していこうという考え方を大切にしています。簡単に言うと、人の役に立ちましょう、そのために自分の強みを活かして成長しましょうということです。とはいえ自己犠牲的な貢献では、周囲に幸せを広げていくには難しさがあります。我々としてはまず自分たちが幸せであること、そしてその幸せを徐々に周囲に広げていくというのが『貢献の広さ』。自分の幸せと人の幸せを追求していく、これが『貢献の深さ』を表しています。このふたつが中心となって評価につながっています」

数字ではなく「人間力」で給料が決まる 「gCストーリー」の独特な評価制度


あわせて読みたい

  • 「どんなに頑張っても賃金が上がらない」優秀な社員が会社に見切りをつける時

    「どんなに頑張っても賃金が上がらない」優秀な社員が会社に見切りをつける時

  • 給料より「パーパス」が勤労意欲を高める? ザッカーバーグも重視する重要事項

    給料より「パーパス」が勤労意欲を高める? ザッカーバーグも重視する重要事項

  • 昼休み返上で働くのは「働き方改革」なのか

    昼休み返上で働くのは「働き方改革」なのか

  • プレ金"ゴーゴーカレー食べ放題"に挑戦

    プレ金"ゴーゴーカレー食べ放題"に挑戦

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年9月1日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース