smadan

世界のナベアツこと落語家・桂三度の今 3度の転身を果たし東京の寄席にも出演

世界のナベアツこと落語家・桂三度の今 3度の転身を果たし東京の寄席にも出演
画像出典:Amazon.co.jp「オモローのナベアツ

「3の倍数と3の付く数字でアホになる」というナンセンスなネタや「オモロー!」の決め台詞が流行した世界のナベアツ。あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する『あらびき団』(TBS系)や、1分ほどのショートスタイルのネタを披露する『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)といった2008年前後に人気だったテレビ番組で、ピン芸人として知名度を一気に上げた。
しかし、あれから約10年が経過した今は「桂三度」という高座名の落語家として高座にあがり、メディアに出るどころか、「世界のナベアツ」名義では活動をしていない。


コンビ解散後に放送作家として活躍


「世界のナベアツ」「桂三度」こと渡辺鐘さん(本名)は、山下しげのりさん(現在は、インタビューマン山下)とのお笑いコンビ「ジャリズム」を1991年に結成。千原兄弟らとともに大阪の吉本興業の劇場で活躍し、1994年には第15回ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を受賞している。
ほどなく東京へ拠点を移し『エンタメゆうえんち 東京移住計画』(フジテレビ系)、『はばたけ!ペンギン』(TBS系)など露出を増やし、全国区になるべく奮闘していた。その当時、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)の中で松本人志さんが「千原(兄弟)もジャリ(ズム)も頑張って」と今田耕司さんら若手たちに対しボケたことを筆者は強く覚えている。松本さんが後輩芸人の名前を口にすることなどほぼなかった中で、同じ事務所とは言え後輩のコンビ名でボケたのは松本流のエールだったのだろうか。

しかし、東京での認知度を高めつつあった1998年12月、突然の解散。きっかけは山下さんからの申し出とのことだが、「コンビ芸人としてまあまあ売れていたけど、地に足がついてない自分が嫌だった」と女性自身のインタビューで明かしている。放送作家に転身した後は、『笑っていいとも!』『めちゃ×2イケてるッ!』『空飛ぶ!爆チュー問題』(すべてフジテレビ系)、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)など名だたるバラエティ番組を担当し売れっ子に。


コンビ再結成 「世界のナベアツ」に


順調に放送作家として活躍していた渡辺さんは、2003年10月に千原兄弟に誘われ久々に芸人として舞台に立つこととなる。その模様を見に来た松本さんが、ネタが作れない山下さんが芸人を辞めて違う仕事に就く準備をしている、と告げたのだった。窮状に陥っている山下さんの近況と、芸人として笑いを取る快感を知った渡辺さんは、コンビの再結成を決断する。

そして、放送作家業を併行しつつ、漫才師・ジャリズムとして『M-1グランプリ』への挑戦、加えてソロでの「世界のナベアツ」で大ブレイク。『R-1ぐらんぷり2008』(関西テレビ系)では決勝まで勝ち進み3位になり、冠番組『なべあちっ』(フジテレビ系)への出演や、2010年に公開された映画『さらば愛しの大統領』では共同監督を務めるなど多岐に渡る活躍をする。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月28日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。