review

驚愕「いだてん」森山未來志ん生の息子たちを一人二役で演じ切る、神木隆之介の成長も見逃せない19話

驚愕「いだてん」森山未來志ん生の息子たちを一人二役で演じ切る、神木隆之介の成長も見逃せない19話
イラスト/まつもとりえこ
       
NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」、先週5月19日放送の第19話では、語りを務める志ん生とその弟子たちが大活躍だった。

森山未來がまさかの一人二役!


ときは1961(昭和36)年正月、「駅伝落語」と称して一つの落語を3つに区切って、古今亭志ん生(ビートたけし)と弟子の今松(荒川良々)・五りん(神木隆之介)の3人でリレーしながら演じることになった。正月恒例となっていた箱根駅伝にあやかったものである。だが、五りんはどうも古典落語と相性が悪く、「寿限無」のような簡単な噺すら覚えられない。だったら、いっそ自分でネタつくってみろと志ん生が言うと、五りんは即座に一冊のノートを取り出した。その表紙には「創作落語 箱根駅伝」という題名が(いつのまにつくっていたんだ!)。前回のレビューでは五りんのドキュメント志向に注目したが、今回もそれが発揮された格好だ。

こうして五りんの創作をもとに、1919(大正8)年、金栗四三(中村勘九郎)の発案で開催された第1回箱根駅伝の模様が、「駅伝落語」という形で語られることになる。志ん生を第1走者に、五りん、今松とつないでいくが、終わりまでやりきるにはあきらかに噺家が足りない。五りんが楽屋であわてていると、そこへいつもはヤング志ん生を演じている森山未來が現れたので驚いた。一体誰の役かと思えば、志ん生が長男の清だと紹介する。芸名は金原亭馬生(きんげんていばしょう)。五りんのノートをちょっと確認して、高座にあがった馬生は、端正な描写で語って聞かせる。やがて噺のなかで、ランナーたちが箱根に近づいたところで日がとっぷり暮れると、馬生の語り口は何やら怪談めいてきた。そこへまた、楽屋に森山未來が現れる。二役!? ということはもしや……と思ったら、案の定、志ん生が次男の強次だと五りんに紹介する。こちらの芸名は父がかつて名乗っていたのと同じ古今亭朝太(翌1962年、二つ目から真打に昇進し、古今亭志ん朝を襲名)である。朝太もまた、五りんのノートをパラパラと読んだだけで内容を把握すると、馬生から高座を引き継ぎ、兄とは違う軽妙な語り口で演じてみせた。いかにも華がある。

あわせて読みたい

森山未來のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「驚愕「いだてん」森山未來志ん生の息子たちを一人二役で演じ切る、神木隆之介の成長も見逃せない19話」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    森山未來の印象が強すぎて、1週間経った今細かいことは忘れてしまったのでこのレビューで振り返ることができてとてもよかった。のちに桐谷健太が演じる人物が出ていたという情報も興味深かった。

    7
  • 匿名さん 通報

    森山未來、器用だね。

    6
  • 匿名さん 通報

    >20話は、そのことをいま一度思い起こさせる回でもあった。  タイトルは19話になってますが

    2
  • 匿名さん 通報

    >箱根駅伝は、そもそもアメリカ横断マラソンの予選として企画されたものだと説明されていた。ただ、じつはこれには諸説ある。 なら話し半分に聞いておきます。

    1
  • 匿名さん 通報

    19話ですよ

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年5月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。