review

「いだてん」オリンピック中止どん底で綾瀬はるかに冷水を浴びせかけられて覚醒、東海道駅伝再起17話

       
NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。先週5月5日放送の第17話は、このドラマを見続けてきてよかったとしみじみ思った回だった。

前回、第16話では、主人公・金栗四三(中村勘九郎)が1916年のベルリンオリンピックをめざし、すべてを投げ打ってトレーニングを重ね、世界記録を立て続けに更新するほどにまで力をつけるが、そこでオリンピック中止という事態に直面した。まさに絶頂からのどん底である。続く第17話では、そのどん底から四三が立ち直っていくさまが描かれた。この2話分は、四三の人生のなかでもおそらくもっとも劇的な局面だったはずだ。ドラマでは、それを四三と妻・スヤ(綾瀬はるか)、また嘉納治五郎(役所広司)との関係を通して見事に描き出していた。
「いだてん」オリンピック中止どん底で綾瀬はるかに冷水を浴びせかけられて覚醒、東海道駅伝再起17話
イラスト/まつもとりえこ

上京したスヤに周囲は「誰!?」


スヤは前回、オリンピックを目指す四三を励まそうと、わざわざ上京したにもかかわらず、追い返されてしまっていた。だが、そのオリンピックが中止になったと知り、四三を慮ってたまらず再び東京に向かう。四三は、嘉納からオリンピック中止を伝えられ、案の定、すっかり落胆して下宿に引きこもっていた。

四三と親しい俥屋の清さん(峯田和伸)や東京高等師範学校の後輩である野口源三郎(永山絢斗)たちは、彼をどうにかして外に連れ出そうと、下宿である足袋の播磨屋にやって来ていた。柔道日本一の徳三宝(阿見300)が、あっさり部屋のふすまを突き倒し、清さんが2階の部屋から四三を引きずり降ろして一緒に走ろうと誘うも、彼は「俺はもう走れんです」と拒絶する。家族とはベルリンまでの4年だけとの約束でやってきたのだから、これ以上迷惑はかけられないというのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん」オリンピック中止どん底で綾瀬はるかに冷水を浴びせかけられて覚醒、東海道駅伝再起17話」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    >北野武監督の「キッズリターン」のラストシーンでの「俺たち終わっちゃったのかな」「馬鹿野郎、まだ始まっちゃいねえよ」という主人公たちのセリフを思い起こさせる)  懐かしい❗

    3
  • 匿名さん 通報

    >当時数えで52歳だった日比野寛がアンカーを務めた中部軍は43時間8分だった。  よく走りきれましたね❗当時でなら、今で言えば、80歳くらいか。

    3
  • 匿名さん 通報

    そして次の回を見て感動。清さんに惚れました。幸蔵も汚い格好なのに魅いられる。志ん生パートは物語の大詰で何かあることを期待。

    2
  • 匿名さん 通報

    >もし自分が50人いれば、50倍の距離を走れるじゃないか!   安易な発想だか、それが。こうなるとなねえ

    2
  • 匿名さん 通報

    >読売新聞も一躍その名をあげたにもかかわらず、企画者の土岐は予算超過の責任を問われ、やがて退社を決意するにいたった  なんとも気の毒な❗

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年5月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。