review

「いだてん」若き古今亭志ん生東京に戻り、オリンピックも帰ってくる「女子体育事始め」の見応え18話

「いだてん」若き古今亭志ん生東京に戻り、オリンピックも帰ってくる「女子体育事始め」の見応え18話
イラスト/まつもとりえこ
ここ数日、大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の出演者の懐妊があいついだ。一昨日、劇中の昭和30年代のパートで知恵という若い女性を演じている川栄李奈の結婚・妊娠(お相手は俳優の廣瀬智紀)が報じられたのに続き、昨日は、大森安仁子を演じたシャーロット・ケイト・フォックスの第一子妊娠が伝えられた。

折しも、先週5月12日放送の「いだてん」第18話では、主人公・金栗四三(中村勘九郎)の妻・スヤ(綾瀬はるか)が男児を出産したばかりだ。だが、四三は出産にも立ち会わず、全国をひたすら走り回っていた……。

孝蔵、美川と小梅……戻ってきた彼らを待っていたもの


第18話は「戻る」「帰る」というのが、複数のエピソードに共通するキーワードになっていたように思う。

まず、若き日の古今亭志ん生=三遊亭朝太こと美濃部孝蔵(森山未來)が、地方のドサ回りから久々に東京・浅草に戻ってきた。そこで再会した俥屋の清さん(峯田和伸)から、自分が徳重(とくじゅう/榊英雄)というヤクザ者に狙われていることを知らされ、驚愕する。何でも徳重は、遊女の小梅(橋本愛)と付き合っていたが、もともと浮気っぽい彼女のこと、ほかに男をつくられてしまう。そこで浮気相手は誰かと彼に問い詰められた小梅は、朝太の名を答えたというのだ。以来、徳重は孝蔵に恨みを抱く。もちろん小梅はとっさにウソをついたのだが、孝蔵としてみればとんだ濡れ衣である。おかげで彼は徳重とその手下から身を隠さなければならなかった。

あわせて読みたい

  • 「いだてん」当時のスポーツ雑誌では?

    「いだてん」当時のスポーツ雑誌では?

  • 「いだてん」追い返された綾瀬はるか

    「いだてん」追い返された綾瀬はるか

  • 「いだてん」四三、綾瀬はるかと水浴び

    「いだてん」四三、綾瀬はるかと水浴び

  • 「いだてん」寺島しのぶが強烈だった

    「いだてん」寺島しのぶが強烈だった

  • レビューの記事をもっと見る 2019年5月19日のレビュー記事
    「「いだてん」若き古今亭志ん生東京に戻り、オリンピックも帰ってくる「女子体育事始め」の見応え18話」の みんなの反応 7
    • 匿名さん 通報

      女子体育の始まりとは珍しい題材。とても興味深い。女中として登場したシマが俄然物語の中心に近い存在になってきたのには驚いた。これからも色々な楽しい驚きがあることを期待している。

      5
    • 匿名さん 通報

      >昨日は、大森安仁子を演じたシャーロット・ケイト・フォックスの第一子妊娠が伝えられた。  こちらは、知らなかった。

      2
    • 匿名さん 通報

      榊英雄さん、いい役者だ。

      2
    • 匿名さん 通報

      いだてんは、脚本、演出、俳優みんな秀逸ですが、落語指導と方言指導の人もとても優秀だと思う。

      2
    • 匿名さん 通報

      >長兄・実次(中村獅童)が、玉名の池部家を訪れて、スヤと義母の幾江(大竹しのぶ)に平謝り。もはやお約束だが。  まるでダチョウ倶楽部のようですね。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    いだてん

    NHK大河ドラマ「いだてん」

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース