review

We♡SMAP #11|「あなたにとってSMAPとは?」5人はそれぞれどう答えた?


ずっとSMAPが好き♡ SMAP特集

2001年は7月28日にシングル「Smac」を、翌年2002年は5月15日にシングル「freebird」、7月24日にアルバム『SMAP 015/Drink! Smap!』をリリースしたSMAP

【前回レビュー】We♡SMAP #10|香取慎吾がデビュー10周年に語ったSMAPメンバー評

SMAP14枚目のアルバム『SMAP 015/Drink! Smap!』

「乾いた心を潤す」がコンセプトのアルバム。ジャケットも缶入りのドリンク。佐藤可士和がデザインを手掛け、ジャケットに描かれたドリンクは実際に期間限定で発売されたのもユニークな試み。

歌詞カードもリーフレットタイプではなく、一枚の大きな紙を折りたたんだもので、楽曲の歌詞と裏面には海辺で撮影したメンバーの集合ショットを中央に、いくつものソロショットが並んでいる。ちなみに、現在でもフリマサイトでドリンク缶が出品されることがあり、いままで大切に保管していた人もいるようだ。

収録楽曲は「freebird」をはじめ、後にシングルカットされる「世界に一つだけの花」木村拓哉のソロ「ずっとずっと」の作詞・作曲を手掛けたのはケツメイシのRyoji。メンバー5人についてN.マッピーこと中居正広と鈴木おさむが歌詞に落とし込んだ「FIVE RESPECT」が楽しい。7月27日からツアー『SMAP'02 "Drink! Smap! Tour"』がスタート。11月3日まで12か所24公演を行った。

「あなたにとってSMAPとは?」の質問にメンバーはどう答えた?

「あなたにとってSMAPとは? 5人揃った今の心境は?」という見出しで5人にインタビューを行った『an・an』2002年3月6日号。前年8月に稲垣吾郎が道路交通法違反容疑で芸能活動を自粛、という予期せぬ出来事があった。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で143日ぶりの復帰を果たしたのが2002年1月14日だった。

●「柔軟で自由自在な場所」木村拓哉

昔はメンバー全員で一つのものを持ち上げていたと例えてみせた木村。「今はときには一人で持ち上げることもある」とグループの成長を語った。

メンバーを映画『オーシャンズ11』みたいな関係として、「それぞれのプロが一つの目的のために集まり確実に実行する。その中に信頼や優しさはあるけれど、僕らの間柄ではいちいち口に出すものでもないから」

稲垣不在の期間についても言及。一件について衝撃はあったとしつつ、稲垣については「僕にとっての吾郎は吾郎のままなわけだしね」「それでも確実に時間は流れていくわけで、実際に見てくれた人たちがSMAPがまたパワーアップしたと思ってくれれば最高だね」

●「僕にとっては今がスタート」草なぎ剛

10年を振り返って草なぎはグループに守られ「僕はほとんど何も考えずにここまで来てしまったと思うんです」と、少々控え目な返答。「年長の中居くんや木村くんが先に道を切り開いて、後に続く僕たちが困らないようにしてくれたし。だから遅いかもしれないけれど、僕にとっては今からがようやくスタートなんだなとうのが今の実感」

稲垣が復帰して気分的にラクになったと草なぎ。「やっぱりSMAPは5人が一番自然だよね」


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

We Love SMAP

We Love SMAP

1991年9月9日。中居正広、木村拓哉、森且行、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾で結成されたSMAPが1stシングル『Can't Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。結成30周年を記念して、全19回でお届けする SMAP特集。

お買いものリンク