令和元年最後に現れた歌姫、春茶を中心に始動した謎の新ユニット「終電間際≦オンライン。」豊洲PITで初ライブ開催

令和元年最後に現れた歌姫、春茶を中心に始動した謎の新ユニット「終電間際≦オンライン。」豊洲PITで初ライブ開催

令和元年最後にポップミュージック・シーンに頭角を現した春茶は、これまでノンリリースにもかかわらずYouTube発の人気プロデューサー・kobasoloとコラボしたカバーシリーズのYouTube動画も含め驚異の総再生回数3億回越えを叩き出してきた女性シンガー。



米津玄師やまふまふといったインターネットから人気を博したアーティストは近年増加傾向にあるが、2017年から動画投稿をスタートした春茶は、RADWIMPSや今年『NHK紅白歌合戦』にも出場するOfficial髭男dismのカバーを中心とした動画を素顔を一切見せずYouTubeに動画投稿し、“

歌い手”や“YouTuber”とは一線を画す形で口コミで話題となり、幅広い層から支持を得ている。



これまでのネット発のアーティストとは人気の出方も少し異なり、新しいタイプのネット発のシンガーとして注目されはじめてきているようだ。そんな春茶を中心に、ユニットの世界観を見事に創出するイラストレーターのナナカワ、正体を一切明かしていないユニットの楽曲を担当する謎の奇才クリエイター、sakuma.の3人が結成した謎のユニットが終電間際≦オンライン。として、初のライブを12月26日に東京・チームスマイル・豊洲PITで開催した。



“しゅうまぎ”の愛称で親しまれる終電間際≦オンライン。の本公演チケットは見事ソールド。サポートメンバーに夜の本気ダンスのギター・西田一紀と、ヒトリエのベース・イガラシ、andropのドラム・伊藤彬彦、キーボーディスト・西村奈央という豪華メンバーを迎え、カバー曲やこの日に初披露されたオリジナル曲の6曲をバンドセットで展開。エアリーで透明感のある唯一無二の天使のような春茶の歌声を武器に、クリエイター陣の豊かな映像・サウンドも相まって産み出される世界は“この空間に留まっていたい”という求心力が存分に発揮されたものであったが、春茶の素顔も謎に包まれたままの紗幕や照明を駆使した演出でファンはステージに釘付けとなり、途中織り交ぜられたサプライズの演出には会場からはどよめきが聞こえた。閉鎖された日常、人生の分岐点、走り出せるのかもわからない無機質でアンニュイな感情を抱えたまま吐き出される言葉の数々はこの空間で共有されるのを待ち望んでいたかのようで、ライブを観た瞬間、胸の奥底にその言葉と切なさが静かに落とされた。


あわせて読みたい

中島みゆきのプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中島みゆき + 曲」のおすすめ記事

「中島みゆき + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「中島みゆき + カバー」のおすすめ記事

「中島みゆき + カバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「RADWIMPS」のニュース

次に読みたい関連記事「RADWIMPS」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月27日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 中島みゆき カバー
  2. 中島みゆき 曲

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。