生駒里奈、結婚・出産へのリアルな心境を明かす「30歳までは自分の体ひとつで…」

生駒里奈、結婚・出産へのリアルな心境を明かす「30歳までは自...の画像はこちら >>



5月7日、生駒里奈が自身のYouTubeチャンネル『生駒里奈' IKOMACHANNEL'』を更新。オリエンタルラジオ藤森慎吾足立梨花とのスペシャル対談を行う中で、自身の出産に対する想いや、仕事の目標を明かした。



この動画では、“結婚”や“未来”についてトークを展開。藤森が「結婚が別に1つのゴールじゃないですから」「タイミングもあるし、授かりものでもあるし」などと切り出すと、足立は「でもやっぱり子供を産むって考えると、考えちゃう部分でもあるのかもしれないですけどね」と話す場面があった。



これを受けて、生駒は「お母さんが『産めるんだったら、出産した方が人生にプラスな経験だし、お母さんは娘が産んだ孫を抱きたい』って言ってるから、そのお母さんの思いを叶えてあげたいし」「自分の子どもを抱っこしてみたい」と母と自分の願望を叶えたい気持ちはあると話しつつ、「でもそれ以上に“仕事楽しい”っていう気持ちもあるから」とコメント。



また現在26歳である生駒は、仕事の未来について「30歳までは自分の体ひとつで、お芝居はもっと突き進んでいきたいから」と前置きし、「でもなんだろう。それはちょっと恋愛になっちゃうかもしれないけど、結婚だ出産だのっていうのをやっぱ女性は30歳の時に一旦考えるのかな、と思って…」と、30歳が一つの節目になるのではないかと語った。



そして「今のところやっぱ仕事が楽しいので、どんどんフィールドを広げて、うち歌えないけどちょっとずつトライしてミュージカルにもいってみたいなっていう」「帝国劇場とか立ってみたいし、そういう目標がちょっとポッて出てきました」と、これから挑戦してみたい仕事についても明かしていた。