キスマイ藤ヶ谷、グループとして活動する中で“特に難しかった”こととは?「捨ててきたものと…」

キスマイ藤ヶ谷、グループとして活動する中で“特に難しかった”...の画像はこちら >>



6月18日、元A.B.C-Z河合郁人が自身のYouTubeチャンネル『かわいたちチャンネル~Purple Rain~』を更新。ゲストとして登場したKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が、過去に経験した“メンバー格差”について語った。




今回の動画では、同い年の河合と藤ヶ谷がさまざまなトークを展開。この中で、藤ヶ谷は自身が24歳でデビューしたことに触れつつ、「30(歳)までは覚えてもらうためにもカッコつけのキャラクターやろうと思って。30(歳)までは、やりきったつもり」と振り返った。



その上で、「特に難しかったのは」と前置きすると、派生ユニット“舞祭組”としても活動していた横尾渉宮田俊哉二階堂高嗣千賀健永について、「『おまえら衣装暗いな!前の3人と違うな』みたいななった時に(舞祭組の)4人は『ちょっと、ちょっと!』それと対比で(他の)3人はスンとしてるのがグループのバランスだっていうんで」と、当時のグループ内の役割分担について語った。



その一方で、そうした振る舞いをする自身に感じの悪さがあったとしながらも、「例えば俺も前の列で『それ言わないであげてくださいよ!』って言うと、構図がわけ分かんなくなっちゃう」「だから俺はずっと、4人が『ちょっと、ちょっと!』とか言ってる時に、自分の中で“俺はもう、絶世の美男子だ。絶世の美男子だ”ってずっと言い続けてたもん。

俺は絶対そっちに参加してはいけないし」と、自身の役割を貫き続けていたと説明。



さらに、「きっと4には4の生まれたものとか、知ってもらえた4の良さももちろんあるけど、捨ててきたものもあるし」「前3人は3人で、やっぱ捨ててきたものと、でもそれで得るものもあったし。だからグループってすっげえ面白いなと思うんですよ」と語っていた。