ロナウド関連でユベントスに捜査のメス。不正会計処理の疑いが浮上

ロナウド関連でユベントスに捜査のメス。不正会計処理の疑いが浮上
拡大する(全1枚)

 ユベントスに選手の移籍金取引などを含めた不正な会計処理の疑いが浮上し、当局の捜査が続いている。11月3日にはクリスティアーノ・ロナウド(現マンチェスター・ユナイテッドの契約および未払い分の報酬に関し「あってはならない書類があった」とされ、当局が強制捜査で書類の押収を図ったという。

360億円近い不正水増しか

 問題とされているのは、2018-19シーズン、2019-20シーズン、2020-21シーズンの会計処理。架空の請求書の発行や上場企業としての虚偽報告の疑い、選手の代理人に対する報奨金の支払いや架空の選手取引、また選手の移籍においては評価額が実質上の価値よりも多く見積もられた上で取引が行われ、3期合計で約2億8200万ユーロ(約359億円)ものキャピタル・ゲインが不正に水増しされていたとの疑いで捜査が行われている。

 現在までのところ、アンドレア・アニェッリ会長にパべル・ネドベド副会長、そしてファビオ・パラーティチ前SD(現トッテナム)ら7人が取り調べの対象となっている。

 捜査上では不正の存在を疑わせる会話傍受記録なども上がってきており、『ANSA通信』は財務警察が把握している情報として、クラブの相談役を務める弁護士がロナウドの放出に関し「理論上あってはならない書類がある。あれが出てきたらバランスシートといい監査といい、我われは皆責められることになる。だから多分架空の取引をしなければならない」などと発言していたと報じた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドのプロフィールを見る
footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク