『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】

『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
!注意!
本記事には、日本一ソフトウェア作品のネタバレが含まれています。

日本一ソフトウェアといえば、最凶のやり込み要素で有名な『魔界戦記ディスガイア』シリーズなどが有名ですが、積極的に新規IPの開拓に励んでいることでも知られています。

2020年1月23日発売の『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』(以下、ボイド・テラリウム)も、そんな意欲作のひとつ。本作は、人類最後の少女「トリコ」を守るため、プレイヤーは「お世話ロボット」となり、危険なダンジョンへ挑むローグライクRPGです。

『ボイド・テラリウム』で注目したい点は、本作の軸とも言える存在の「トリコ」。彼女は有毒な菌類に汚染されており、「テラリウム」の中でしか生きられません。また彼女は、食べ物に蓄積された毒物や環境の変化が原因で、体調を崩すこともしばしばあります。

「トリコ」を襲う症状は、「風邪」「骨折」といった一般的なものから、「にわとり化」「ゾンビか」といった、この世界ならではのものまで様々。ドロドロに溶けてしまう「液状化」は、ビジュアルも含めてかなりヘビーな状態です。

同社は様々なジャンルを手広く扱っており、『流行り神』シリーズなどのホラー作品もあります。しかし、一見可愛い見た目ながら、容赦のない描写や衝撃的な展開でユーザーを戦慄させるゲームも少なくありません。

そこで今回は、『ボイド・テラリウム』のように、見た目からは想像もつかない“ゾクッ”と来る同社のタイトル3作品をピックアップし、独断で紹介させていただきます。この特集を通じて、「日本一ソフトウェアの怖いゲームは、ホラーだけじゃない!」と力強くお伝えしたい所存です。この想いが届きますように・・・!

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。