つわりなどで体調不良、妊娠初期の休み取得について

出産の前後に取得できる産休

つわりなどで体調不良、妊娠初期の休み取得について
妊娠、出産は女性にとって大きな喜びで、とても素晴らしいことです。しかし、体内に命が宿り育つわけですから、人により程度はあっても体に負担がかかります。つわりで食欲が落ちるうえ、夏になり猛暑が続くとなると体調が気になります。仕事をしている女性であれば、そういった不安を抱えながら働くことになります。

出産前後には産休があり、産前6週(多胎妊娠の場合14週)と産後8週が休みとなり、この期間は出産手当金が支給されます。この制度については知っている人も多いと思います。

産休前も妊娠、出産について事業主は配慮しなければならない

さて、産休に入れるのは出産予定日の1カ月半前。それまでの間、今まで通りに仕事をしなければならないのでしょうか。つわりがひどくて休んだら、辞めさせられるのでしょうか。

実は、産休に入る前も妊娠・出産については事業主が配慮しなければならないことになっています。男女雇用機会均等法第9条で、妊娠出産を理由にした「不利益取り扱いの禁止」が決められており、「妊娠してからつわりがひどくて働けない?じゃあ辞めてね」ということはできないことになっています。事業主は、「結婚」「妊娠」「出産」「直接ではなくても妊娠・出産にかかわる事」を理由に従業員を解雇や降格、異動させることはできません。

妊娠・出産にかかわる事を理由にした不利益な取り扱いは禁止

では「妊娠・出産にかかわる事を理由にした」とは、具体的にどんなことでしょう。厚生労働省令では、「妊娠・出産したこと」や「それを理由に業務の転換を希望したり逆に拒否した」「残業を断った」「育児時間を求めた」「妊娠または出産に起因する症状により労働できなかったりしたとき」と定められています。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。