メカブ、オクラ…“ねばねば食材”が身体によい科学的な理由
拡大する(全1枚)

納豆、やまいも、なめこ……。日本の食卓に欠かせない「ねばねば食材」だが、なんとなく「健康にいい」とはわかっているものの、裏を返せば“なんとなく”しかわかっていない人も多いはず。

「確かにねばねば食材は、ぬるっとした食感のため、食欲がないときでも食べやすく、スタミナがつく印象が強いかもしれませんが、実際の健康効果はじつに多岐にわたります。ひと言で『ねばねば』といっても、そのもととなる成分はさまざまで、美容・健康に与える効果もそれぞれ。また、1つの食材に複数のねばねば成分が含まれていることも多いほか、ビタミンやタンパク質など別の栄養素と組み合わせることで、さらに健康効果が増すのです」

そう語るのは、管理栄養士の菊池真由子さん。

「ねばねばの成分は大きく分けると、水溶性食物繊維、ムチン、コンドロイチンの3種類です。それぞれに特徴があるので、気になる症状に合わせて上手に取り入れていきたいですね」(菊池さん・以下同)

そこで、これら3つのねばねば成分と効能について、菊池さんに解説してもらった。

■デトックス効果が高い水溶性食物繊維

まずは、水溶性の食物繊維。もっともわかりやすいのは、海藻のぬるぬる成分だ。

「海藻のねばねばといえばメカブなどが連想されますが、これはまさに水溶性食物繊維によるもの。ほかにも、昆布を細かく刻んだときに出てくるぬめりも、水溶性食物繊維によるものです。アルギン酸やフコイダンなど、その種類は細かく分類されますが、海藻類は水溶性食物繊維が豊富だと覚えておけばいいでしょう」