メスの木を待ち続けて1世紀以上。世界で最も孤独な「ソテツ」のオスの木物語(イギリス)

メスの木を待ち続けて1世紀以上。世界で最も孤独な「ソテツ」のオスの木物語(イギリス)

現存する最後の1本、世界で最も孤独なソテツ image credit:pacsoa
 イギリスの王立植物園『キューガーデン』に、世界一孤独な植物がいる。それは、古代ソテツ類のエンセファラルトス・ウッディ(Encephalartos Woodii)と呼ばれるオス木の標本で、南アフリカからやってきた。

 その木は、1世紀以上にわたり、交配できるメスの木を待ち続けてきたが、今もまだ子孫を作り出しその種を繁殖させることが叶わないままだという。

 なぜなら現存するのはこのオスの木のみで、研究者が探し回ってもエンセファラルトス・ウッディのメスの木を見つけ出すことができないからだ。
[動画を見る]
This is the World's Loneliest Tree

【現存するのはオスの1本のみの古代ソテツ種】

 裸子植物の1群であるソテツ類は、今から2億年前の恐竜がまだ存命していた頃、世界中の至る所に生息していた。

 当時、ソテツは植物の約20%を占めていたが、5つの氷河期を経て、新種の植物と共存する適応性を備えたにも関わらず、時の経過と共にその数は減少した。

 他のソテツ類同様、「エンセファラルトス・ウッディ(Encephalartos Woodii)」も数百万から数千へと数が減り、今日では古代ソテツ種としては、イギリスの王立植物園『キューガーデン』にあるオスの1本のみになってしまったようだ。

 キューガーデンにあるエンセファラルトス・ウッディは、1895年に植物学者のジョン・メドリー・ウッド氏が、南アフリカのズールランドの急斜面に生えていたユニークな外観のヤシの木に興味を持ち、箱に入れて船でイギリスへ送ったものだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「メスの木を待ち続けて1世紀以上。世界で最も孤独な「ソテツ」のオスの木物語(イギリス)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    00:21また無茶苦茶なコメントを、、、、馬鹿かこいつは

    2
  • 匿名さん 通報

    クローンでもいいから万が一に交配しておけ。未来の不治の病を治す治療薬を生み出す可能性も無くはない。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。