猫のキャットジャック再び!屋根に居座り特急列車を止め、2時間半後にようやく降りる(イギリス)

猫のキャットジャック再び!屋根に居座り特急列車を止め、2時間半後にようやく降りる(イギリス)


 前回、猫が飛行機を乗っ取るキャットジャックの事案をお伝えしたが、今度は列車をジャックしたようだ。

 ロンドンの駅で、発車30分前の特急列車の屋根の上に1匹の猫が居座っている所を発見された。

 どこからやって来たのか、なぜそこにいるのかはわからないが、このまま列車を走らせるわけにはいかない。

 駅職員らは猫を無事に救出しようと奔走し、2時間半かけてようやく猫は列車から降りたという。『Evening Standard』などが伝えている。
[動画を見る]
Cheeky cat stops train (UK) - ITV News - 3rd March 2021

【特急列車の屋根に猫を発見!】

 3月2日の午後8時半頃、ロンドン・ユーストン駅のホームに停車中の特急列車『Avanti West Coast』の屋根の上に、1匹の猫が座っているのが発見された。


 マンチェスターへ向かうその列車の発車予定時刻は午後9時ちょうど。出発まであと30分しかない。

 猫に気付いた駅職員と鉄道社員らは、なんとかして猫を降ろそうとしたが、猫は運転席の真上で体を丸めて座ったり、屋根の上を移動したりして、一向に降りる気配がなかった。

 そこで鉄道社員はこの列車の運行を一時見合わせることに。既に乗り込んでいた乗客たちを別の列車に振り替えてもらい、引き続き猫の救助に奔走した。

【2時間半かけて、猫ようやく列車から降りる】

 猫の頭上には、列車に電力を供給する25000ボルトの高圧電線が配置されており、救助活動はなかなか容易ではなかった。

 2時間半後、職員らはその場しのぎで用意した大型のゴミ箱をプラットフォーム代わりにと、列車の屋根の高さまで持ち上げ、なんとか猫をそこへ降ろすことに成功した。

 猫は、少し怯えた様子だったが、怪我はなかった。


 この猫がどこから来たのか、なぜ列車の屋根の上にのぼったのかはまったくもって不明だという。

 猫による列車の乗っ取りは初めてだったようで、ユーストン駅の責任者ジョー・ヘイドリーさんは、後の取材で次のように話している。

駅内に、鳥が入り込んで対応するということはよくあることですが、猫によるキャットジャックは、私の勤務経験の中で初めての出来事です。

ありがたいことに、駅職員と鉄道社員のチームワークによって、乗客を迅速に別の列車へ移し、わずかな遅延で乗客たちは目的地へ向かうことができました。

救助によって、猫の9つある命のうちの1つが使用されることなく済んだのは非常に喜ばしいことです。

 神出鬼没で、足音を立てずに忍び込むことができる猫。はからずも飛行機を乗っ取り緊急着陸をさせ、今回は列車を乗っ取った結果となってしまったが、次はどこで何をしでかすのか?どんな人々を翻弄させるのか?

 今後も猫の動向を見守っていこう。

written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:猫のキャットジャック再び!屋根に居座り特急列車を止め、2時間半後にようやく降りる(イギリス) https://karapaia.com/archives/52299874.html

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月7日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。