300人を殺したという伝説の巨大ワニ「ギュスターブ」は今も生きているのか?

300人を殺したという伝説の巨大ワニ「ギュスターブ」は今も生きているのか?

東アフリカ、ブルンジ共和国のタンガニーカ湖とルジジ川に生息する「ギュスターブ」と呼ばれるその巨大なナイルワニは、300人の人間を殺したという伝説を持っている。

地元の人々はギュスターブが人間を襲うのは快楽のためと信じている。実際に、ギュスターブに襲われ死亡した人の中には食べられなかった者もいる。

過去に何度か射殺が試みられたが全て失敗に終わっており、もし今生きているとするなら、推定79歳だ。

【伝説の人喰いワニ、ギュスターブ】
何人たりとも近づくことができないギュスターブを正確に計測することは不可能だが、推定によれば、体長6メートルで、体重は1トン近いオスだという。


普通のナイルワニの3倍にも達する巨大さで、ギュスターブの犠牲者は300人を超えると言われているが、他のワニによる犠牲者も含まれている可能性もある。

しかも食べるために人を殺しているというわけでもない。殺害した後、食べないこともあることから、地元では快楽のために人を殺しているという噂すら流れている。
[動画を見る]
Legends of Nature: Gustave the Giant Crocodile【川を泳ぎながら次々と人を襲うギュスターブ】
長年ギュスターブを研究し、その名付けの親でもあるパトリス・フェイ氏は、その恐ろしさについて次のように語っている。
ギュスターブはメスを探してルジジ川から出てきたときはとても危険だ。都市や町を移動しながら、漁師や水浴びしている人を食っちまう。

ある年、ヤツの襲撃経路の1つをたどってみたんだ。そうしたらカニオシャとミナゴ、カベジとマガラ(すべて地域名)の間で17人が食われていたんだ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク