これが覚醒した姿。極限まで肉体改造を行い「悪魔」に変身したブラジル人男性。

これが覚醒した姿。極限まで肉体改造を行い「悪魔」に変身したブラジル人男性。
image credit:diabaopraddo/Instagram

 極限まで全身の肉体改造を行うことで、悪魔のような外見に変身したブラジル人男性がいる。

 かつてホームレスで麻薬中毒者、現在はタトゥーアーティストの男性は、路上で過ごした年月が自己認識への覚醒に繋がったと話しており、Instagramでその変貌を披露している。

悪魔に変身したタトゥーアーティストの男性 ブラジルのサンパウロに住むタトゥーアーティストのミシェル・ファロ・ド・プラドさん(46歳)は、ディアバオ・プラッドまたはデビル・プラッドとして知られており、Instagramアカウント『diabaopraddo』は、9万人以上のフォロワーを抱えている。

 プラッドさんは、過去5年間で眼球と舌を含む体の80%以上にタトゥーを彫り、複数のボディピアスを開け、牙と角のインプラントの施術を受けた。[画像を見る]  更には、鼻と耳を削り、薬指の1本を切断し獣のように見せるなど、極限まで肉体改造を行ったプラッドさんの外見は、まるで悪魔のようだ。[画像を見る] ホームレス生活が自己認識への覚醒を導く メディア取材の中で、プラッドさんはホームレスで麻薬中毒者だった過去を持っていることを明かした。

 何年にもわたる路上生活が、プラッドさん自身に自己認識に向けての意識を目覚めさせるきっかけになったという。

 とはいえ、悪魔に変身することは自分の本来の選択ではなかったと主張。「世の中の悪意に惹きつけられて今の姿になった」と語っている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク