ネコ科の大型種、9種について学ぼう

ネコ科の大型種、9種について学ぼう
 多種多様なネコ科が存在する。イエネコもネコ科だが、アフガニスタンの山中で野生のヒツジを狙うユキヒョウやアフリカ、サハラ砂漠以南でヌーと対決するライオンだってネコ科なのだ。みんな違ってみんなネコなのだ。

 大型ネコ科はそれぞれにユニークが特徴があるものの、どれも捕食獣で、生態系の上位に君臨する。ここでは大型に分類される9種のネコ科を見ていこう。

9. ウンピョウ 名前にヒョウとついているが、正式にはヒョウではなく、、ネコ科ウンピョウ属に分類される、ネコの仲間から分かれた種だという。

 ヒョウやほかの大型猫科動物よりも小柄ながら、体長1メートル、体重25キロほど。ネパールから東南アジア、中国に生息しているが、国際自然保護連合(IUCN)によると、森林伐採や密猟など人間の活動のせいで、その数は減少しているという。獲物は、スローロリスや小型のシカなどさまざまだ。

[動画を見る]

The Beautiful Clouded Leopard8. オオヤマネコ属(リンクス) 耳に生えている長い黒い毛と短い尾が特徴的な野生の猫。北米、ヨーロッパ、アジアに生息する。

 ボブキャットは、4種類いるオオヤマネコの中でもっとも小さく、家猫の2倍ほどの大きさだが、その他のリンクスはもっと大きい。ユーラシアオオヤマネコは、もっとも大きく、体長1.3メートル、体重36キロ。齧歯類、鳥、シカまで幅広い動物を獲物にする。

[動画を見る]
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク