ノストラダムスが予言する2022年に起きるかもしれない5つのこと

ノストラダムスが予言する2022年に起きるかもしれない5つのこと
 1555年、フランスの医師であり占星術師、ノストラダムス(1503~1566年:本名ミシェル・ド・ノートルダム)は、1555年に詩集『予言集』を出版した。日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られている。

 この本は942の四行連詩で構成され、それぞれが未来を予言していると信じられており、ヒトラーの台頭からJFKの暗殺など、様々なことを的中させたと言われている。もちろん外れた予言もある。

 予言集は非常に抽象的なことが書かれている為、様々な解釈が可能であり、解釈の仕方によって内容も異なってくる。故に「1999年7の月に人類が滅亡する」とされた予言も、作家である五島勉氏の解釈によるもので、海外では別の解釈がなされている。 それでも、歴史上の有名人や団体、社会現象に関する用語が的確に予言されているとして、ある種の相関関係があると見る向きは多い。

 信じるか信じないかはあなた次第だが、2022年、ノストラダムスはどんな年になると予言しているのか(解釈されたのか)、そのいくつかをみてみよう。

1.空から地球に何かが降って来る

[画像を見る]

 ここ数年、予言の最前線にたっているのは、小惑星が地球に衝突する脅威だ。

 小さな流星群なのか、壊滅的な絶滅レベルのものなのかはわからないが、ノストラダムスはこう予言している。
空から降ってくる火を見よ
 2021年4月12日、小惑星「2021GW4」は地球の表面から19821キロメートルの距離を通過した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク