東京タワーの3倍の直径を持つ小惑星が1月19日、地球に最接近(NASA)

東京タワーの3倍の直径を持つ小惑星が1月19日、地球に最接近(NASA)
 NASAによると、2022年1月19日、日本時間の午前6時51分頃、直径およそ1100メートルの小惑星「1994 PC1」が高速で地球に最接近するという。

 東京タワー(333メートル)の3倍以上、世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリフ(829.8メートル)よりも巨大だ。

 1994 PC1は、その大きさと、定期的に地球のそばを通過することから、「潜在的に危険な小惑星(PHA)」に分類されている。

 とは言っても今回の接近では、地球から193万キロ離れたところを通過する予定となっており、地球に影響を及ぼす可能性は低いとされている。

2022年1月19日、巨大小惑星が高速で最接近 今回、1994 PC1が最接近するのは、日本時間1月19日午前6時51分頃。

 今後200年では最大の接近で、月より5.15倍離れたところを、地球に対して秒速19.56キロの猛スピードで通過する。そのため、まるで空を横切る星のように見えるという。

 天文ファンにとっては一大イベントかもしれない。EarthSkyによると、地域によっては150mm口径の望遠鏡で観察できるとのこと(日本は不明)。ただし明るさは10等級なので、肉眼や双眼鏡では難しいようだ。

[画像を見る]

1997年に地球のフライバイ中に撮影された小惑星 / image credit:Sormano Astronomical Observatory in Italy
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク