江原啓之が「断れない新垣さん」にテレビに安易に出るのはダメと説教! どの口で...

 最近、いろんな雑誌で再び名前を見かけるようになったスピリチュアリスト・江原啓之。その江原が意外な相手と対談をして、一部で話題になっている。

 その相手とは、新垣隆。佐村河内守のゴーストライターをつとめていた事実を告白した後、生真面目で地味なキャラが面白がられ、最近はバラエティにも引っ張りだこでCMにも出演するなど異色の活躍をしているあの「新垣さん」である。

 江原はこの新垣と「婦人公論」(中央公論新社)6月9日号で「佐村河内さんの依頼をなぜ断れなかったか」と題する対談を行ったのだが、その内容がなんというか、ツッコミどころ満載なのだ。

 江原はまず、対談のタイトルどおり、どういう経緯で佐村河内のゴーストになったのか、どうして誘いを断らなかったのかをしつこく聞いていく。

 これに対して「正直なところ、そういう発想には至らなかったのです」「プロになるまでにはお金がかかるのに、プロになって食べていくのは大変な世界ですから」「結局のところ、自分の思惑に翻弄されてしまったというか......。手掛けた作品が世の中で評価されたことは、たとえゴーストであっても想像した以上に刺激的であり、嬉しかったのです」と、率直に「断れない」自分の性格を語る新垣。

 すると、江原はいきなりこんなことを言いだす。

「(新垣さんは)小さい頃からピアノを習い、猛レッスンに励んでこられたとか。お母さんが熱心で逆らえなかったのではありませんか?」

 熱心な母親という音楽家にはよくあるパターンを、まるで自身が霊視したかのように語る江原だが、新垣はこれに簡単に同調する。

「ピアノのレッスンに関して、母は厳しく、確かに怖い存在でした。(略)NOと言えない私の弱さは幼少期に培われたものだったのですね」

 まんまと江原のトリックに嵌り、今初めて"母からの呪縛"が分かったように懺悔する新垣。江原に押し切られている様を見ていると、逆に「ああ、なんか、佐村河内にもこんなふうに丸め込まれたのかな」などと思えてくるが、「ツッコミどころ満載」といったのは、このやりとりに対してではない。

 その新垣に対して、江原が言ったこんな台詞のことだ。

「とはいえ、新垣さんだけを責めることはできません。ベースにあるのは、日本人の芸術に対する教養のなさです。それゆえ人々は、聴く耳もないのに美談を求め、流行ものに飛びつく」
「陳腐なストーリーで塗り固められた人物をいたずらに持ち上げたマスコミも共犯者ですよ」

 たしかに江原の言うことは正論だ。あのスキャンダルは、こうしたイメージに弱く、流行に飛びつく世間とメディアがつくりだしたと言ってもいい。ゴースト発覚前、新聞、テレビ、雑誌といった大メディアはこぞって佐村河内を"現代のベートーベン"などと持ち上げて紹介してきた。特にNHKがドキュメンタリー番組『NHKスペシャル』で佐村河内を取り上げたことは、佐村河内の神格化に大きな役割を果たした。そのため問題発覚後、それらメディアは謝罪に追われ、NHKは検証番組を放映する事態にまで追い込まれた。

 しかし、江原自身もまた、そのイメージに弱い世間、陳腐なストーリーが好きなメディアを最大限に利用し、メディアの寵児として活躍してきたのではなかったのか。

 芸能人や作家に信奉者を増やし、ファッション誌、女性誌を中心に露出をはかってブレイク。その後も毎月のように著書を刊行。その売れ行きの好調さから各出版社が競って江原本の獲得に走る一大ブームをつくりだした。さらに数々のテレビ番組にも出演、05年からテレビ朝日系で放送された『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』は、世にスピリチュアルブームさえ巻き起こした。

 特に女性を中心にした江原人気は絶大で、メディアにとって江原批判はタブーとさえなっていった。いわばメディアによって作られたスターが江原だったのだ。

 そんなこの世の春を謳歌していた江原だが、しかし、数年前、その化けの皮が剥がれる事件が立て続けに起きる。江原は07年のフジテレビ『FNS27時間テレビ』でボランティアの女性を勝手に霊視、彼女の経営していた美容院を経営危機だなどと"ヤラセ演出"したことが大問題となりBPOからも勧告を受ける事態に。

 さらに翌08年には『オーラの泉』で女優・壇れいの実父と養父を取り違えて、生きているほうの親を"霊視"するという失態を犯した。その結果、江原の人気は一気に失墜し、メディアにもほとんど姿を見せなくなった。

 そういう意味では江原自身が佐村河内的な存在だと言ってもいい。それを「陳腐なストーリーで塗り固められた人物」と評し、さらに「いたずらに持ち上げたマスコミ」を共犯者だと断罪するというのは、もはやギャグでしかない。また、江原は対談でこんなことも言っている。

「もっと言えば佐村河内守という人は現代人の象徴なんです。20年近くもの時間があれば作曲の勉強をすればいいのにしない。いかに楽に体裁を整え、効率よく儲けるかに終始している」

 これも、おいおい誰のことだ?と言いたくなるが、さらに江原のすごいところは、返す刀で新垣のメディア、バラエティ露出にこんな説教をしていることだ。

新垣「『出てください』とお願いされると、断れないんですよね......」
江原「ダメ、ダメ! バラエティ番組に出るのが悪いというのではありません。ただ目的が明確でないと他者に翻弄され、同じ過ちを繰り返すことになりかねません。(略)失礼ながら新垣さんはポリシーに欠けていると言えそうです。たとえばの話、テレビに出ると収入がアップしますよね。でもこの収入は、お金にならないクラシック界で生き延びていくために必要なのだと割り切る。あくまで自分の中心は音楽活動なんだと確固たる軸を持たなければ」

 これって、自身の対する反省から出てきたアドバイスかと思いきや、しかし、そんな江原は今年4月から6年ぶりとなるレギュラー番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演し始めた。うーん。もしかしたら、江原サン、これからは「スピリチュアリスト」ならぬ、「ブーメラニスト」という新しい肩書きで活動したほうがいいんじゃないだろうか。
(林グンマ)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク