木村拓哉がSMAP騒動後初のインタビューで語った矛盾だらけの言葉!「僕はアンチジャニーズ」「ビジネスより人との信頼」

 先日、『FNS27時間テレビフェスティバル!』(フジテレビ)で明石家さんま中居正広SMAP騒動のことをツッコみ、大きな話題になった。

「なんで曲、出さへんねん」「俺は木村派と思ってるかもしれへんけど、SMAP派やから」「飯島さんはどーしてんねん、それだけ教えてくれ」

 こうした厳しいツッコミに中居はタジタジになりながらも、しかし、明確な言葉ははっきり口にせず、SMAPの今後について前向きな発言も一切しなかった。

 ならば、その中居といまも決裂状態が続いていると言われる木村拓哉はどうなのか。実は7月20日発売の「SWITCH」(スイッチ・パブリッシング)8月号が木村拓哉特集を組み、ロングインタビューを行っている。

 そもそも、この特集には、「木村拓哉 アウトローへの道」という、木村のイメージからするとかなり違和感のあるタイトルがつけられているのだが、そのなかで、木村がいくつか興味い深い発言をしているのだ。

「どちらかというと、アンチジャニーズだった」

 まず、インタビューの最初の方に登場するのが、こんなセリフだ。キムタクがアンチジャニーズ? 今回の解散騒動で育ての親である飯島三智マネージャーを裏切り、唯一ジャニーズ側についたくせに何を言っているのか、と思わずツッコミたくなるが、これは木村が10代のころを振り返っての発言だ。

 木村が10代のころのジャニーズといえば、歌って踊れるキラキラしたアイドルが当たり前で、ジュニア時代は木村も先輩である光GENJIのバックで踊っていた。だが、木村はそのジャニーズ的なアイドル像に、かなり違和感をもっていたらしい。

「でも、片や自分は学校に通いながら、それこそ当時スーパーアイドルと呼ばれていた人たちの後ろでテレビに映りこんでいたわけで。そんな環境の矛盾に反発したかったのか、気づけばガンズ&ローゼズとか、スキッド・ロウとか、耳にするもの袖を通すもの全てがロックになっていた」

 そんなエピソードを公開した上で、木村は10 代の自分を「アンチアイドルだったし、アンチジャニーズだった」と総括しているのだ。

 しかし、だとしたら、そのジャニーズに違和感をもち、悩んでいた自分を救ってくれたのが誰だったか、キムタクは覚えていないのだろうか。

 SMAPが成された当初は、木村がジャニーズに違和感を抱いていただけでなく、ジャニーズ側もSMAPのことを完全に見放していた。結成はさせたもののほったらかしで、その扱いはひどいものだった。そこに現れたのが、今回のSMAP解散騒動で追放された飯島マネージャーだった。もともとはただの事務職だった彼女が、彼らの状況を見かね、マネージャーになると申し出てくれたおかげで、SMAPは救われ、大きく羽ばたいていったのだ。

 まず、飯島氏が最初に目をつけたのは、まだアイドルが本格的に進出していなかったバラエティ番組だった。飯島氏が何度も交渉を重ねた結果、『夢がMORIMORI』(フジテレビ)のレギュラーをつかみ、これをきっかけにSMAPは世に出て行くことができたのだ。

 さらに、飯島氏はSMAPの俳優としての道も切り開いた。それまでのジャニーズ事務所は自社タレントがドラマに出演する場合、主演以外、イケメン待遇以外は許さないという方針を徹底して貫いていた。それを、飯島マネージャーは覆し、1993年に放送された『あすなろ白書』では木村を3番手扱いの役で出演させた。さらに、草なぎ剛を売り込み、イケメンではないお人好し役として『いいひと。』に主演させたり、SMAPメンバーがアイドルの余技ではない、本格的な俳優としての評価を得られるようにした。

 他にも、飯島氏は、音楽やPVに積極的に新進気鋭のアーティストや若手注目クリエイターなどを起用し、アイドル誌ではなく、ファッション誌やカルチャー誌での露出も増やしていった。

 こうして飯島氏が奔走し、それまでのジャニーズアイドルにはありえなかったさまざまな新機軸を打ち出していったことで、「アイドルとしてアウトロー」だったキムタク、そしてSMAPは時代にふさわしい国民的アイドルになっていったのだ。

 自分がアンチジャニーズだったと言うなら、その自分を救い、大きく育ててくれた恩人をなぜ裏切り、ジャニーズ側についたのか聞いてみたいところだが、キムタクはこのインタビューで、さらに矛盾に満ちた言葉を発している。

 それは、現場のスタッフや仕事の仕方について、話が及んだときのことだ。木村はこんな言葉を口にしていた。

「僕は"仕事"はするけど"ビジネスライク"が嫌いなんです。『この人だから』という信頼が、自分にとっては何よりも大きい」
「お客さんでもスタッフでも、自分を見てくれる人に何らかの思いを巡らせる人間でありたい、かな」

しつこいようだが、SMAP解散騒動でキムタクがとった行動はこの言葉とはまったく逆だった。誰よりも木村のことを見てきた、もっとも信頼関係のある飯島マネージャーを切り捨て、まさに"ビジネス"としてジャニーズ事務所という権力にすりよったのだ。

 それでいて、なぜこういう発言を平気でできるのか、理解に苦しむところだが、こうした矛盾やずるさについては、木村自身も自覚しているところがあるのかもしれない。このインタビューでは、ぽろりとこんな発言もしている。

「つまりいまの自分は、いわば矛盾のカタマリなんです」

 ただ、木村が何か内省的な姿勢を示したのは、せいぜいこの一言くらいだった。インタビューを最後までくまなく読んだが、解散騒動の説明はもちろんなし。飯島氏や他のメンバーへの謝罪どころか、そもそもSMAPのスの字も出てこなかった。キムタクにとっての「『この人だから』という信頼」はいまや、メリー喜多川副社長やそのメリー氏との間をとりもってくれた工藤静香のみに向けられ、SMAPなんてもはやどうでもいい存在になっているのだろう。

 キムタクのこの態度を見ていれば、SMAP愛が強い中居や香取慎吾がSMAP復活に前向きにならないのもよくわかる。SMAP内部の亀裂は想像以上に大きく、修復の見込みはない、と断言してもいいだろう。
(島原らん)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 木村拓哉 ドラマ
  2. 木村拓哉 ラジオ
  3. 木村拓哉 映画
木村拓哉のプロフィールを見る
リテラの記事をもっと見る 2016年8月1日の芸能総合記事

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + 長女」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 長女」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュース

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。