<プライバシーという暴力装置>女性の後ろ姿の撮影して有罪!女性専用車両に乗り込むと糾弾・絶叫?…問題を考える。

       
藤本貴之[東洋大学 准教授/博士(学術)]

* * *

現在、スマートフォンや携帯電話には不可欠な写真機能。その機能性も個人で楽しむレベルであれば、十分に専用のデジカメとしても代替可能だ。そのため近年では、デジカメ市場の縮小が止まらない。2013年の総出荷台数は、前年度比の36%減(6280万台)。2014年はそこからさらに19.6%の減少(5050万台)と予測されている。

携帯電話の人口普及率は今や101.7%といわれ(総務省調べ)、一人一台以上の時代に突入した。すなわち、そのほとんどがカメラ機能を有していると考えれば、日本国民はほぼ全員が手軽に利用できるデジカメを常に携帯している時代であると考えられる。

そんな中、8月28日、東急田園都市線の車内において、川崎市環境局に勤める40歳の男性が、乗り合わせた21歳の女子大生をデジタルカメラで撮影したところ、それに気がついた女子大生が警察に通報、迷惑行為防止条例違反で逮捕されるという事件がおきた。

「あぁ、公務員痴漢か、盗撮か」と別段珍しくもない事件と思ってしまうわけだが、実情はそこまで分かりやすい「痴漢行為」というわけでもないようだ。逮捕された男性が撮影したのはスカートの中や下着といったものではなく、動画で全身を撮影した、というものであった。容疑者の男性は迷惑をかけたことを謝罪しつつ、「女性がきれいだったので撮った」と語っているという。

同じような事件は少なくない。女性の後ろ姿を撮影した自衛官が最高裁で有罪判決を受けた2008年の事件なども記憶に新しい。もちろんこういった事件では、スカートの中や下着、顔が映っているかどうかも関係はない。迷惑行為防止条例では映った本人が恥ずかしい、迷惑だ、と感じられてしまえばアウトなのだ。さらに言えば、シャッターを切らずとも、デジカメや携帯、スマホのファインダーを向けただけでも「迷惑」と感じられれば逮捕の危険性がある。
メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「総務省」に関する記事

「総務省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「総務省」の記事

次に読みたい「総務省」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月31日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。