VR手術訓練は、人々の命だけでなく外科医も救う

VR手術訓練は、人々の命だけでなく外科医も救う

(本記事は「Redshift 日本版」とのライセンス契約を結んだ転載記事であり、キンバリー・ホランド氏の執筆した原稿を翻訳したものを、オートデスク株式会社の許諾を得て転載しています)

外科医となるための研修は、当然ながら厳しいものだ。だが医療研修は、身体へ影響を受ける重大なリスクを伴うものでもある。例えば泌尿器科医の場合、大きな腎結石を取り除くための経皮的腎砕石術 (PCNL/PNL とも呼ばれる)のような低侵襲手術ですら、高い被曝線量に曝されることになる。

研修でも実際の手術においても、執刀医をガイドするレントゲン装置からの放射線が蓄積的な影響を及ぼす可能性がある。そのため泌尿器科医は毎年、被曝線量の観察が必要だ。線量限度への到達も珍しいことではないが、その場合には仕事が制限され、研修指導も困難になる。

こうした懸念へ対処するべく、ベン・セインズベリー氏はゲームとVRの両分野における自身のキャリアを、泌尿器科医の技術向上と他者からの学びに生かそうと考えた。そして、パートナーである泌尿器科医のラジーヴ・シンガル医師とMarion Surgicalを設立。Autodesk ResidencyプログラムのメンバーであるMarion Surgicalは、トロントにあるAutodesk Technology Centreで、ARやVR、ハプティクスを用いたリアルなバーチャル手術室でPCNL研修を行う、外科医・研修医向け手術シミュレーションプラットフォームの開発に取り組んでいる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年8月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。