ロッキーやエマニエル夫人も 「漫画化された映画作品」名作6選

ロッキーやエマニエル夫人も 「漫画化された映画作品」名作6選
(野田たみ樹/月刊少年マガジン/1977年5月号)
今ではすっかり見ることもなくなったが、かつては当たり前だったのが、映画の漫画化=映画コミカライズ。新作映画に触れられるメディアが少なかった昭和時代、少年少女たちは、漫画誌に掲載されたコミカライズ作品に心をときめかせ、そして映画館に足を運んだものだ。映画コミカライズの黄金期には、どんな映画作品が漫画になっていたのか? 

『シネマズPLUS』公式コラムニストの滝口明氏が、2018年11月20日発売の『CONTINUE Vol.56』でピックアップした海外映画のコミカライズ作品の名作を紹介しよう(各作品の説明は滝口氏)。

・『タワーリング・インフェルノ』(田辺節男/月刊少年チャンピオン/1975年7月号)


『週刊少年サンデー』巻頭グラビアに掲載された、さいとう・たかを先生によるオールカラー版も良いが、この『月刊少年チャンピオン』掲載の、田辺節男先生版がやはりベスト! スティーブ・マックイーン演じる消防隊長の性格が、なぜか武闘派の男気溢れる男に変更されていて、アツい名セリフが次々に飛び出すので必見!

・『キングコング』(一峰大二/別冊テレビランド/1976年12月号)


二種類存在する本作のコミカライズ版だが、『月刊少年マガジン』掲載版よりも、こちらの『別冊テレビランド」掲載の一峰大二先生版が絶対オススメ。見開きページを多用したコングの暴れっぷりが迫力満点な本作だが、特に泣けるのが映画版の100倍素晴らしいラストシーン! ああ、この内容でリメイクしてくれたら……。

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2018年12月12日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。