【保活に関する保護者の実態調査】初年度の保活で第一希望の施設に受かった人は6割
拡大する(全1枚)
施設選びの基本条件で重視したい点の第一位は職員の雰囲気 施設の特色で重視したい点の第一位は食育・自然体験に取り組む時

ICTで保育士の働き方改革や保育業界のDXを推進し、子どもの幸せをつくることを目指す千株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 千葉伸明、以下 当社)は、未就学児、園・学校に通う子どもを持つ親112名を対象に「保活に関する保護者の実態調査」を実施しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/8125/84/resize/d8125-84-1892fdba125040e13f24-0.jpg ]


調査の結果、初年度の保活結果について質問したところ、「第一希望の施設に入れた(62.50%)」「第二希望の施設に入れた(10.71%)」「第三希望の施設に入れた(4.46%)」「第四希望以下の施設に入れた(8.04%)」「二次募集で入れた(3.57%)」「入れなかった(10.71%)」という結果になりました。保活の結果、全体の約9割が施設に受かっているものの第一希望に受かった人は約6割にとどまっており、待機児童が減少しても第一希望園への入園を目指す保護者の保活は今後も必要だと考えられます。
保護者が園に対し求めている内容を調査するために「もう一度保活をするとした場合に重視するポイント」について質問したところ、施設選びの基本条件では「職員の雰囲気(84.82%)」が最も高く、特色では「食育・自然体験に取り組む時間(43.75%)」が最も高い結果となりました。