2019年のホープ、miletが一人にこだわる理由「孤独を知らない音楽は信用できない」

2019年のホープ、miletが一人にこだわる理由「孤独を知らない音楽は信用できない」
今年3月に発表したデビュー作『inside you EP』でオリコン週間デジタルアルバムランキング初登場1位に輝いた、milet(ミレイ)が、短いスパンで2作目となる『Wonderland EP』をリリースした。本作には、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』などで知られるアニメ監督・原恵一の最新作『バースデー・ワンダーランド』のメインテーマ「THE SHOW」と挿入歌「Wonderland」を軸に、バリエーションに富んだ全5曲が収録されている。

2018年に音楽活動をスタートさせたmiletは、ハスキーで表情豊かな歌声と、日本語と英語がフラットに共存するグローバルな音楽性を武器に、本格派のシンガーソングライターとして支持を集めてきた。同年10月に開催されたイヴ・サンローランのグローバルイベントに大抜擢されると、デビュー曲「inside you」は、Perfume星野源のMVでも知られる映像作家の関和亮が監督したドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のオープニングテーマに起用され、11もの音楽配信サイトで初登場1位を獲得。新人離れした実績とタイアップの巡り合わせにも、ライトリスナーから大物クリエイターまで虜にするアーティストとしての凄みが窺えるだろう。

このインタビューで彼女は、「一人でいること」について何度も語っている。内気で孤独を愛する少女は、どのように音楽と出会い、アーティストとしての自信を手にしたのか。彼女のバックグラウンドを今一度掘り下げつつ、『Wonderland EP』の制作背景について語ってもらった。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月16日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。