アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方

アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方
拡大する(全8枚)
ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文とNOT WONKの加藤修平。『Lives By The Sea』(Gotch名義)、『dimen』と2021年を象徴するニューアルバムを発表した両者の対談が実現した。聞き手はライターの石井恵梨子。

【画像を見る】アジカン後藤×NOT WONK加藤 撮り下ろし写真

Gotchこと後藤正文が録音技術にのめり込み始めたのは今から約6年前のことだ。きっかけのひとつは当時のアルバム『Wonder Future』をフー・ファイターズのスタジオで録ったこと。さらには同時期に登場したアラバマ・シェイクスの『サウンド&カラー』の音にぶっ飛んだこともある。主宰レーベル「only in dreams」に記された年間ベストを振り返れば、2015年のGotchセレクトにはアラバマ・シェイクスの名前あるのだが、同時にランクインしていたのはNOT WONKの『Laughing Nerds & Wallflowers』だった。当時まだハタチ前後だった苫小牧のパンクバンドは、専門技術に特化していくロックの先人を振り向かせるのに十分なエネルギーを放っていたのだ。

両者の共演は2019年末。NOT WONKが苫小牧で行ったワンマンライブ「Your Name」だ。雪の降る地方都市でようやく出会えた二人は、まるで長年の友達だったかのように微笑みを交わし、リスペクトを送り合っていた。そこから1年と少し。NOT WONKの4th『dimen』に再度反応したGotchはSNSで加藤修平(Vo,Gt)とやりとりを交わしている。

この記事の画像

「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像1 「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像2 「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像3 「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像4
「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像5 「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像6 「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像7 「アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク