ミッキー吉野70歳記念アルバムをプロデューサー・亀田誠治と語る
拡大する(全2枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2022年2月の特集は「ミッキー吉野70歳」。2月2日に、ゴダイゴをはじめ、ザ・ゴールデン・カップス、ソロ活動、作曲家・ミッキー吉野としての代表曲を様々なアーティストがカバー、フィーチャリングしたアルバム『Keep On Kickin It』が発売された。パート1とパート2はアルバムのプロデューサーである亀田誠治を迎え、ミッキー吉野の音楽家としての偉大さを探る。

田家秀樹:こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのは「The birth of the odyssey ~ Monkey Magic feat. JUJU 」。言わずと知れたゴダイゴの1978年の大ヒットです。アルバム『西遊記』の1曲目でありました。2月2日に発売になったアルバム『Keep On Kickin It』からお聴きいただいています。今週の前テーマはこの曲です。

今月2022年2月の特集は「ミッキー吉野70歳」。4歳でピアノを始めて、14歳でプロデビュー、天才キーボディストとして16歳のときにザ・ゴールデン・カップスに参加、19歳でボストンのバークレー音楽大学入学。24歳でタケカワユキヒデさんを誘って結成したのがゴダイゴ。お茶の間だけでなく、アジアで最初に成功したロックバンドになりました。ミッキーさんの70歳の誕生日は12月13日。12月22日に記念アルバム『Keep On Kickin It』が配信され、2月2日にCDとして発売になりました。ゴダイゴはもちろん、ザ・ゴールデン・カップスやソロ活動、作曲家としての代表曲を様々なアーティストがカバー、音楽家としての全体像にフォーカスしたアニバーサリーアルバムです。今月は4週間かけてこのアルバムをご紹介していこうという1ヶ月。前半2週のゲストはアルバムのプロデューサー・亀田誠治さんに、後半2週はミッキー吉野さんご本人をお迎えして全曲をご紹介しようという1ヶ月であります。こんばんは。

この記事の画像

「ミッキー吉野70歳記念アルバムをプロデューサー・亀田誠治と語る」の画像1 「ミッキー吉野70歳記念アルバムをプロデューサー・亀田誠治と語る」の画像2