ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート
拡大する(全18枚)
2013年にイギリスでスタートしたヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が、5月14日、15日の2日間日本で初開催された。本来は2020年に第1回目を開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止、2021年も同様の理由で中止になり、今年、まさに”満を持して上陸”した。会場は埼玉県・秩父の自然豊かなテーマパーク「秩父ミューズパーク」。2日間で10,000人が来場し、緑に包まれながら、”至上の愛と至福の音楽体験”を楽しんだ。

【写真を見る】「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」ライブ写真(記事未掲載カット多数)

新世代ジャズフェスティバルと謳ったこのフェスは、ジャズ、ソウル、ファンクを横断する上質で洗練された音楽を楽しむことができるのが特徴で、今の音楽シーンを牽引するアーティスト、未来のシーンを担う新鋭アーティスト、今聴きたい、観るべきアーティストが「THEATRE STAGE」「GREEN STAGE」「DJ TENT」でパフォーマンスを繰り広げた。

5月14日(土)、このフェスの開幕を告げたのは、青空が広がる「GREEN STAGE」での地元・秩父農工科学高校吹奏楽部の演奏だった。その音色は、地元・秩父で世界的な音楽フェスが開催される歓び、そしてこれからライヴを繰り広げる全てのアーティストへのエールにも聴こえた。「THEATRE STAGE」でイベントアンバサダーのモデル・堀田茜が、このフェスの魅力を紹介した後、いよいよトップバッター、シンガー・ソングライターkiki vivi lilyが登場。「80dinier」「Blue in Green」などを披露し、そのスウィートかつクールな声と、MELRAW(Sax、Gt)率いる若手実力派ミュージシャンによるアコースティックジャズセッションで楽しませてくれた。

この記事の画像

「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像1 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像2 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像3 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像4
「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像5 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像6 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像7 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像8
「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像9 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像10 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像11 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像12
「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像13 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像14 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像15 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像16
「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像17 「ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート」の画像18