マハラージャンが語る、歌の中の世界を豊かにするための方法
拡大する(全2枚)
メジャーデビューアルバム『僕のスピな☆ムン太郎』が2021年「CDショップ大賞」入賞、「タワレコメン・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど、ファンクとダンスミュージックをベースにした楽曲センスとユニークな歌詞で注目を集めるマハラージャンが、2022年7月6日に2枚目となるフルアルバム『正気じゃいられない』をリリースした。

スーツにターバンを巻いた独特の風貌から生み出されるクリエイティブ、ルーツ、アルバムに収録されている楽曲について、マハラージャンにインタビューで迫った。

関連記事:マハラージャンが語る、脱サラして向き合った社会へ示すオリジナリティ

ーマハラージャンさんは、ミュージシャンでありつつ、熱心な音楽リスナーでもあると思うんですけど、今も変わらずいろいろな音楽をディグられているんでしょうか?

今も聴きますけど、昔ほどはという感じですね。作る曲が多くなると、自分が作っている音を聴いているほうが長くなるんです。ただ、新しいものは取り入れたいと思っているので、チャート上位の曲や、新譜を聴くようにはしていて。あとは、好きなプレイリストで自動更新される楽曲をチェックして発見したりしています。

ー最近、特にいいなと思った曲はありましたか?

最近だと、カルヴィン・ハリスとデュア・リパがコラボした「Potion」が格好いいなと思いました。全体のトラックの感じが気持ちよくて、ギターもすごく格好いい。音色の処理もすごい格好いいし、世界のトップの人たちの作る楽曲は、すごいなと思いました。

この記事の画像

「マハラージャンが語る、歌の中の世界を豊かにするための方法」の画像1 「マハラージャンが語る、歌の中の世界を豊かにするための方法」の画像2