スカパラ、デビュー30周年決意のライブに後輩フジファブリックも登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」

スカパラ、デビュー30周年決意のライブに後輩フジファブリックも登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」
スカパラ、デビュー30周年決意のライブに後輩フジファブリックも登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」
東京スカパラダイスオーケストが6月12日に東京・台場のZepp DiverCityで『30th Anniversary Live「Are you ready for TOKYO SKA?」』を開催した。この日の公演は今年4月に東京・豊洲PITで行ったデビュー30周年イヤーKICK OFFワンマンライブの追加公演として開催されたものだ。 前日6月11日には、デビュー30年にして初の試みとなったジャムセッションツアーの全国16公演を終えたばかりであったが、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)、奥田民生LiSA、中村達也、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、大森靖子、EGO-WRAPPIN'、MONGOL800SKY-HI10-FEET、04 Limited Sazabys、斉藤和義ハナレグミクリープハイプ、BiSHといった錚々たる顔ぶれの16組の素晴らしいアーティストとセッションを繰り広げ、参加アーティストともオーディエンスとも物凄い熱量のエネルギーの交換を行ってきたことから、初っ端からフルスロットル状態での演奏が繰り広げられるライブとなった。 スカパラ30年の歴史を彩ってきた楽曲でつながれたオープニングSEが超満員に膨れ上がったオーディエンスの気持ちを煽るなか、9人の男たちのシルエットがステージ上に現れるとさらなる大歓声が沸き起こる。 「トーキョースカで盛り上がる準備はいいか!」と谷中敦(B.Sax)がシャウトし、「Are You Ready To Ska?」でライブの幕があがる。「5 days of TEQUILA」、「DOWN BEAT STOMP」が続けざまに披露され、ライブ開始3曲ですでにライブを終えたかのような熱量がステージ上の9人からもオーディエンスからも発せられている。 「凄いな!最高だな!トーキョーってほんとにいいな!」と谷中敦(B.Sax)が興奮気味に言葉を発する。「30年迎えても、これからもまだまだ行くぜっていう決意のライブです。そのライブに来てもらって本当にありがとうございます。」と感謝の意を述べるとともに、「30年目のアレにいくか」とひと呼吸おいてから、スカパラがライブに挑む際に谷中から発せられるお決まりのフレーズ「戦うように楽しんでくれよ!」が場内に響き渡る。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フジファブリック ライブ
  2. フジファブリック 山内総一郎
  3. フジファブリック 映画
Rooftopの記事をもっと見る 2019年6月27日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フジファブリック + ライブ」のおすすめ記事

「フジファブリック + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「フジファブリック + 映画」のおすすめ記事

「フジファブリック + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュース

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。