【YouTube】「余命1ヶ月の花嫁」映画の主題歌が人気に

 テレビのドキュメンタリー番組が大反響を呼び映画化された「余命1ヶ月の花嫁」の公開が迫り、先日同映画の主題歌「明日がくるなら」が発売された。ユーチューブ(YouTube)上に曲のPVが投稿されており、約1週間で40万回以上の再生回数、120件以上のコメントを記録している。

 「余命1ヶ月の花嫁」は、乳ガンにより余命1ヶ月と宣告された長島千恵さん(当時24歳)が家族や恋人に支えられながらガンと前向きに戦う様子、そして「ウエディングドレスを着たい」という彼女の夢をかなえるべく友人達がサプライズ結婚式を開く様子をつづったTBSテレビ系列のドキュメンタリー番組で、2007年7月に放送され、大反響を呼んだ。07年12月には書籍化され、70万部のベストセラーとなった。「若年性乳がんについてもっと知って欲しい。若い人には自分と同じ思いを味わって欲しくない」と生前に語っていた長島さんの遺志を受け、TBSでは「ピンクリボンプロジェクト」を立ち上げ、08年からは「乳がん検診キャラバン」が全国を巡回するなど、乳がんについてのPR活動を行っている。そして09年5月9日に榮倉奈々主演による映画版の公開が決定、主題歌に「明日がくるなら」が選ばれた。

 「明日がくるなら」を歌っているのはJUJU(ジュジュ)とJAY’ED(ジェイド)。JUJUは女性R&Bシンガーソングライターで、06年にリリースした「奇跡を望むなら…」が話題となり、その後08年には「爽健美茶」のCMソングも歌っている。JAY’EDは1981年生まれの男性シンガーで、ニュージーランド人と日本人のハーフ。2008年に「Superwoman」でメジャーデビュー。ヒップホップやソウルミュージックをメインに活躍している。「明日がくるなら」では二人の伸びのあるコーラスが心地よく響く。同曲は4月29日にマキシシングルとして発売されている。

 動画のコメントでは、「声がいい」「感動した」「映画とぴったり」と賞賛の意見が大半を占めている。週末、映画館でこの歌声がさらなる感動を呼び起こすことになるだろう。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
該当のユーチューブ動画を見る
榮倉奈々の写真を見る
【YouTube】サヨナラCOLOR~忌野清志郎の歌声(2009/05/05)
【YouTube】象の背中~映画と同名の感動アニメ(2009/05/04)
【YouTube】横浜世界卓球~石川佳純の熱戦(2009/05/03)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク