お内裏様とお雛様がクマちゃんに!日本限定テディベアが誕生

お内裏様とお雛様がクマちゃんに!日本限定テディベアが誕生

世界で初めてテディベアを作ったドイツのブランド「シュタイフ社」から、今の時代にぴったりな、省スペースで楽しめる“雛人形”が発売される。小さいけれど気品あふれる“節句テディベア”で、女の子のお祭りを祝ってみては。

11月より順次発売開始される「雛人形テディベア」57000円(税抜)は、「シュタイフ社」と雛人形で有名な「寿慶」がコラボレーションして製作されたテディベア。

日本で親から子へと受け継がれる雛人形のように、ドイツでもテディベアを代々受け継ぐ伝統があることから、国をこえてのコラボが実現。撫子の花をデザインした着物の柄と、テディベアの可愛らしさが調和した作品となっている。

「雛人形テディベア」は各15cmで、日本限定1500体。屏風と台座、烏帽子、冠、太刀、扇とシリアルナンバー入り証明書がついている。

小さめサイズだけど堂々とした存在感があり、愛情をこめて受け継ぐ価値のある「雛人形テディベア」。一生ものとしてお家に迎えてみてはいかが?

あわせて読みたい

ストレートプレスの記事をもっと見る 2017年10月31日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。