恐るべき「スマホ脳」とは?スウェーデン発のベストセラーが日本上陸

恐るべき「スマホ脳」とは?スウェーデン発のベストセラーが日本上陸
       

なぜスティーブ・ジョブズはわが子にiPadを与えなかったのか?

スマホには、ユーザーが知らない恐るべき影響があるという。最新の脳科学研究が明らかにする真実を記したスウェーデンのベストセラー『スマホ脳』が、ついに日本上陸。新潮新書から11月18日(水)より発売中だ。

スマホが脳に与える恐ろしい影響に警鐘


2018年にスウェーデンで刊行された書籍『スマホ脳』。著者の精神科医アンデシュ・ハンセン氏は、ノーベル賞選定で知られる名門カロリンスカ医科大学を卒業後、ストックホルム商科大学にて経営学修士(MBA)を取得したという異色の経歴の持ち主。前作『一流の頭脳』は世界的ベストセラーとなった。

続く同作は、脳科学的見地からスマホが脳に与える恐ろしい影響に警鐘を鳴らした1冊。最新の脳科学の膨大な実験結果をもとに、医学者である著者が次々と恐るべき事実を指摘している。

現代人は1日平均2600回スマホを触る!


アンデシュ・ハンセン氏は同書で、現代人がしている行動を指摘。「わたしたち現代人は、10分に1回スマホを手に取っている。触る回数は1日平均2600回に及ぶ」という、驚きの事実が明らかに。

同書によれば、1日2時間を超えるスクリーンタイムはうつのリスクを高めるという。そして現代人のスクリーンタイムは1日平均4時間に達していて、10代の若者の2割はスマホに1日7時間を費やしているのだとか。

睡眠障害や学習効果の低下との関連性も指摘

当時の記事を読む

ストレートプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。