【世界の不思議】どのようにして、何のために描かれたのか?ナスカの地上絵の驚くべき仮説

【世界の不思議】どのようにして、何のために描かれたのか?ナスカの地上絵の驚くべき仮説

ハチドリの地上絵

ペルーの世界遺産であるナスカの地上絵。この壮大なスケールの地上絵は西暦1年から800年にわたり栄えたナスカ文化の時代に描かれたと言われています。地上絵は動物や植物、直線、幾何学図形などさまざま。

なぜ古代ナスカ人は上空からしか全体像を把握できないような巨大な絵を描いたのでしょうか? 今回は、そんなナスカの地上絵の謎に迫ります。「どのようにして、何のために描かれたのか?」を有力な仮説からトンデモな仮説まで幅広くご紹介!

ナスカの地上絵はどのように描かれたのか?
【世界の不思議】どのようにして、何のために描かれたのか?ナスカの地上絵の驚くべき仮説


古代ナスカ人は地表の酸化した砂利(黒っぽい)を取り除き、その下の明るい粘土質の土を露出させるという方法で1000点以上もの地上絵を描きました。以前は、ナスカの地上絵を描くためには、気球などに乗って上空から手助けを行う必要があると思われていたそうです。しかし、ウィニペグ大学の考古学者であり、地理学の専門家でもあるDr.Persis B.Clarksonは「難しい技術はいりません。必要なのは意志です」と言っています。

現在、ナスカの地上絵の描き方には2つの有力な説があります。そのひとつが「種まき応用法」です。複数の人たちが横並びになって、歩幅を合わせながら前進していき、歩幅によって距離を測定しながら均等に絵を描くというものです。しかし、この方法では50メートル以上の地上絵を描くのは難しい・・・。

そこで、もうひとつの有力な説が登場します。それが「拡大法」です。まずは地上絵のモデルとなる原画を描き、それを元にさらに大きな絵を描きます。モデルの絵には支点となる木棒を打ち込み、拡大したい長さの紐と絵を描くためのもうひとつの木棒を取り付ければ、原画とまったく同じ線を描くことが可能になるのです。この方法なら小学生でもナスカの地上絵を描けるとのこと。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年5月14日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。