“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】

“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】
拡大する(全13枚)
大分県のほぼ真ん中に位置する竹田市、長湯温泉。湧出量や炭酸ガス濃度、温度から「日本一の炭酸泉」とも称され、全国から湯治客が訪れる名湯として知られています。立ち寄り湯は20カ所以上も点在し、多彩な温泉を楽しめるのも魅力。今回は、はじまりは江戸時代の殿様の湯屋という由緒正しい「御前湯」をご紹介しましょう。
“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」...の画像はこちら >>

藩主ゆかりの名湯で殿様気分を満喫
“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】

(C)長湯温泉療養文化館 御前湯

古来より湯治場とした栄えた長湯温泉。かの「万葉集」に長湯を詠んだ歌があるほど、長き歴史を有しています。江戸時代、岡藩主3代目の中川公は趣味の山登りの後、長湯温泉で疲れを癒やしたといわれており、安永10年(1781年)には専用の湯屋「御前様の湯」が設置。これが「御前湯」として引き継がれているのです。

幾度となく建て替えや修復が重ねられ、1998年(平成10年)に「温泉療養文化館 御前湯」が誕生。温泉治療学の先進地ドイツとかねてより交流が盛んであったことから、ドイツの建築様式を取り入れているのだそう。現在では長湯温泉のシンボル的な存在に。
とろっとした肌触りが心地よい炭酸泉
“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」...の画像はこちら >>


御前湯では異なる温度の3本の源泉を使用。いずれも加温、加水をしない源泉100%かけ流しです。泉質は炭酸ガスを含んだ炭酸水素塩泉。気泡は目には見えないものの炭酸ガスが豊富に溶け込んでおり、皮膚から体内に吸収されることで血管を開き、血行をスムーズに促すのだそう。

淡いオリーブ色のお湯は、とろっとした滑らかな肌ざわり。浸かっていると身体の芯からポカポカしてくるのを実感。1階の大浴場は深緑の木々や川のせせらぎが心地よく、心も解きほぐされます。

この記事の画像

「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像1 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像2 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像3 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像4
「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像5 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像6 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像7 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像8
「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像9 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像10 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像11 「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像12
「“日本一の炭酸泉”長湯温泉のシンボル的立ち寄り湯「御前湯」で楽しむ3種の源泉【大分県】」の画像13

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月14日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。