8月は九州で大雨特別警報 9月は列島は台風の通り道

       

8月は九州で大雨特別警報 9月は列島は台風の通り道

8月は、台風10号がお盆休みの日本列島を直撃。秋雨前線の活動が活発化し、長崎県佐賀県福岡県大雨の特別警報が発表されました。9月は、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱まり、台風は本州に近づきやすくなるでしょう。

台風次々に襲来

8月に台風は5個(8号~12号)発生しました。そのうち台風8号は6日午前5時頃に宮崎県宮崎市付近に上陸し、台風9号は石垣島など先島諸島を暴風域に巻き込みながら沖縄の南を西よりに進み、列島に荒天をもたらしました。
さらに台風10号はお盆の列島を直撃。台風10号は15日午前11時過ぎ、愛媛県佐田岬半島付近を通過し、同日午後3時頃、広島県呉市付近に上陸しました。西日本は大荒れの天気となりました。12日の降り始めから17日までの雨量は高知県馬路村魚梁瀬で872.5ミリに達しました。最大瞬間風速は高知県室戸市で41.9メートル、徳島市で31.1メートルを観測。お盆休みのUターン時期に山陽新幹線が計画運休するなど大きく交通機関にも影響がでました。

福岡県・長崎県・佐賀県に大雨特別警報

28日午前5時50分、気象庁は佐賀県、長崎県、福岡県に大雨特別警報を発表しました。秋雨前線の活動が活発で、九州北部に線状降水帯がかかり、これまでに経験したことのないような記録的大雨となりました。24時間雨量は長崎県平戸市で434.0ミリ(午前8時まで)、佐賀県佐賀市で390.0ミリ(午前7時まで)と観測史上1位。佐賀市内などで大規模な冠水が発生、佐賀県内を流れる牛津川の小城市上右原地先付近や松浦川の伊万里市松浦町萩ノ尾地先付近で氾濫が発生するなど大きな被害がでました。
その後も雨が続き、26日の降り始めから31日午後3時までの雨量は長崎県平戸市で626.5ミリなど平年の8月の雨量の3倍近くの雨となりました。


tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。