「あのタバコマーク何?」消えた車内のシガーライター でも喫煙具は売れ筋カー用品

「あのタバコマーク何?」消えた車内のシガーライター でも喫煙具は売れ筋カー用品
拡大する(全2枚)

昔は当たり前だったものでも、どんどん変わる、そして無くなっていくのが世の常です。クルマの装備では、当たり前だった「シガーライター」がどんどん姿を消して久しく、その用途が分からないという世代も出始めています。

今の若い人たちは知らない? シガーライター&ソケット

 昔のクルマには標準装備されていた、タバコのマークが付いている「シガーライター」。最近では見かけることも少なくなったためか、SNSではシガーライターについて「このタバコのマーク何?」「知らない」などの投稿も見られます。

 シガーライターの使い方は次の通り。タバコのマークが描かれたキャップ部分をソケットの奥までグッと押し込み、しばらくすると戻ります。このキャップがライターです。引き抜くと、キャップ内側の電熱線が真っ赤に熱されているので、それでタバコに火を付けます。

 しかし近年は、このシガーソケットをライターとしてではなく充電口として、携帯の充電やドライブレコーダーの電源として使う方法が一般化されています。シガーソケットの部分は残っても、タバコの絵柄が書かれたキャップは付いていないことが多くなりました。そうしたソケットは、そもそも耐熱仕様にもなっておらず、ライターとして使うことができないものがほとんどです。

「あのタバコマーク何?」消えた車内のシガーライター でも喫煙...の画像はこちら >>

シガーライターのイメージ(画像:charmboyz/123RF)。

 また、シガーライターと同じくクルマから消えているのが「灰皿」です。ドリンクホルダーに置くタイプのボトル型などは各メーカーともオプションで用意はしているものの、インパネから引き出したり、ドアのひじ掛けの蓋を開けたりする内蔵型の灰皿は、ほとんど見なくなりました。


この記事の画像

「「あのタバコマーク何?」消えた車内のシガーライター でも喫煙具は売れ筋カー用品」の画像1 「「あのタバコマーク何?」消えた車内のシガーライター でも喫煙具は売れ筋カー用品」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク