“ホーム”は秋田県です!

その名は「松風丸」 世界初のウインドチャレンジャー搭載船

 商船三井と東北電力は2022年10月7日(金)、長崎県西海市の大島造船所で建造を進めていた「ウインドチャレンジャー」搭載の石炭輸送船「松風丸」が竣工し、運航を開始したと発表しました。

デカっ!世界初の“帆”搭載船が完成 風力活用の新機軸 商船三...の画像はこちら >>

ウインドチャレンジャー搭載船・松風丸(商船三井の動画より)。

 船の全長は約235m。船首に塔のような構造物が立っているのが特徴です。これがウインドチャレンジャーで「硬翼帆式風力推進装置」と説明されています。繊維強化プラスチックでできており、4段に伸縮可能で、最大高さは約53mにもなります。ウインドチャレンジャー搭載船の竣工は世界初です。

 風を活用する帆船の技術を現代に応用したウインドチャレンジャーにより、推進力を補うことで燃費の削減につなげます。

従来船と比べて温室効果ガス削減効果は日本~オーストラリア航路で約5%、北米西岸航路で約8%を見込んでいるとのこと。

 松風丸は東北電力の専用船として、船籍は日本の能代港(秋田県)に置かれます。主にオーストラリアやインドネシア、北米などからの石炭輸送に従事するといいます。